再エネ・最新技術

農業で活きる、自動車産業の技術

自動車産業からの農業参入が相次いでいる。デンソーとトヨタネが立ち上げた環境制御システム「Profarm」は、信頼のおける技術力と安心のアフターサポート体制を併せ持つのが魅力だ。

環境制御システムを
自動車部品メーカーが開発

自動車部品メーカーとして世界的にもトップクラスの技術を持つ株式会社デンソーと、種苗販社として全国トップクラスの実績を持つトヨタネ株式会社が立ち上げているのが、環境制御システム「Profarm」だ。

Profarmでは、デンソーがカーエアコンで培ってきた技術を転用することで、農業生産の効率化、安定化、付加価値向上が図られている。万が一のセンサー故障の際は、両社のネットワークで迅速に対応を行うという。現場をよく知るトヨタネと組むことで、機械の販売にとどまらず、設定条件のカスタマイズや、使用後の意見を反映したソフトのバージョンアップなど、アフターサポート体制が抜群なのも魅力だ。

また、デンソーでは、自社ハウスでのトマトを使った実証実験も行っている。そこで生産されたトマトを有効活用し、地域の人々と共にアイディアを出し合い、社会福祉法人童里夢の運営する、クッキー・ラスクなどを作る「OYATU工房といろ」や、国産小麦と自家製天然酵母を使用したパン「ばくばくぱん」などに提供するなど、社会に貢献する活動にも取り組んでいる。今後の展開にも注目したい。

AJ_ABJ20160818_21


株式会社デンソー 公式サイト

トヨタネ株式会社 公式サイト


取材・文/小高朋子

関連記事

2017/04/06 | 再エネ・最新技術

話題のアグリネット導入……効果は?

アクセスランキング

  1. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  2. 若者新規就農者が3年連続で2万人超 後継者不足は?
  3. 土壌を汚染しないのに効果は抜群! 安全性の高いアミノ酸系の除草剤
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. 成功する農業! 利益を出す作物の選びかた鉄則5ヶ条
  6. 2018年度産から適用の「減反廃止」。農家への影響は?
  7. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
  8. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  9. 農家の頼れる相棒! クールな次世代『運搬車』5選
  10. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.08 / ¥0
2018年7月9日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル