再エネ・最新技術

農薬を最大99%削減! 農業大国オランダの「翼型噴霧ユニット」

オランダで開発された噴霧ユニット「ウィングススプレイヤー」。農薬消費量を最大99.8%まで削減できるが、その画期的な仕組みは「航空力学」の応用によって生まれたという。

アイキャッチ:©Wingssprayer BV The Netherlands

航空力学に基づいた設計で
農薬散布をよりスムーズに

オランダ出身の発明家ハリー・フーベン氏によって開発された「ウィングススプレイヤー」は、航空力学に基づく空気流を応用することで、農薬消費量を最大99.8%削減できる噴霧ユニットだ。

©Wingssprayer BV The Netherlands

航空機の主翼を模した”翼”は、下降気流を発生させて作物を適度に開き、農薬を奥まで効率的に行き渡らせることができるほか、風よけの役割も担っており、多少の風でも散布作業をスムーズに実施できる。

また、セラミック製のスプレーが従来に比べて10倍細かいミストを噴霧。作物をいためず、より広い面をカバーできるのも利点だ。

ジャガイモ、ニンジン、タマネギなどの野菜のほか、穀物、果物、花の球根まで、様々な作物に幅広く活用されている。

DATA

Wingssprayer


text: Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.08(2018年夏号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 農家の収入を守る「収入保険」、2019年1月スタートの申込期限は12月末まで!
  2. 従来の1/3スペースで保管可能! “重ねてしまえる”人気のコンテナ
  3. 農業×エネルギー読本! アースジャーナル vol.06 発売
  4. 害鳥対策にオススメ! ホームセンターで買える農家必須アイテム
  5. ソーラー発電設備付きなのに安い!? 高耐候の農業用ハウスが話題
  6. 1つ9,000円の”高級石鹸”で地域振興! 島民の思いを叶えた6次化成功事例
  7. 注目の「次世代運搬アシスト9選」近未来的なサポートスーツも!?
  8. フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.09 発行!
  9. 農薬散布から画像分析まで! 種類別「最新農業用ドローン」17選
  10. 農水省による「農泊」推進事業、すでに300地域以上を支援
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.09 / ¥0
2018年10月5日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル