再エネ・最新技術

農薬を最大99%削減! 農業大国オランダの「翼型噴霧ユニット」

オランダで開発された噴霧ユニット「ウィングススプレイヤー」。農薬消費量を最大99.8%まで削減できるが、その画期的な仕組みは「航空力学」の応用によって生まれたという。

アイキャッチ:©Wingssprayer BV The Netherlands

航空力学に基づいた設計で
農薬散布をよりスムーズに

オランダ出身の発明家ハリー・フーベン氏によって開発された「ウィングススプレイヤー」は、航空力学に基づく空気流を応用することで、農薬消費量を最大99.8%削減できる噴霧ユニットだ。

©Wingssprayer BV The Netherlands

航空機の主翼を模した”翼”は、下降気流を発生させて作物を適度に開き、農薬を奥まで効率的に行き渡らせることができるほか、風よけの役割も担っており、多少の風でも散布作業をスムーズに実施できる。

また、セラミック製のスプレーが従来に比べて10倍細かいミストを噴霧。作物をいためず、より広い面をカバーできるのも利点だ。

ジャガイモ、ニンジン、タマネギなどの野菜のほか、穀物、果物、花の球根まで、様々な作物に幅広く活用されている。

DATA

Wingssprayer


text: Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.08(2018年夏号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. “循環型社会”を体現した体験型施設「KURKKU FIELDS」が今秋オープン!
  5. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  6. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  7. あのパタゴニアがワークウェアを日本展開! 高機能だけでなく未来を見据えた取り組みとは
  8. アイテムを駆使する時代に。いま注目の農業・畜産の最先端技術5選!
  9. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  10. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  AG/SUM

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル