再エネ・最新技術

「アレクサ、土のpH値は?」 会話できるアグリテックが誕生!

ニュージーランドで新たなアグリテックが開発された。アマゾンのスマートスピーカー「Amazon Echo」に話しかけながら農作業が進められるシステムだ。AIとの連携によって、どんなことができるのだろう?

アイキャッチ:autogrow.com

AIスピーカーに話しかけながら
圃場管理ができる!?

ニュージーランドの農業専門IT企業「オートグロウ」は世界初の”会話できるアグリテックシステム”を開発した。

autogrow.com

自社のクラウド型農業生産管理プラットフォーム「インテリ・グロウ」と自動音声認識や自然言語理解といった人工知能(AI)を提供する米アマゾン・ドット・コムのAIアシスタント「アレクサ」とを連携させているのが特徴。

「アレクサ」搭載のスマートスピーカー「アマゾンエコー」に話しかけることで、圃場の気温や湿度、pH値などを音声で確認したり、圃場に設置されている制御システムを遠隔操作できる仕組みだ。

近い将来、人間が人工知能と会話しながら農作業をすすめる光景が世界各地でみられるようになるかもしれない。

DATA

Autogrow


text: Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.08(2018年夏号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 中国大手IT企業が開発! AIを活用した農業用モニタリングシステム
  2. 3分でわかる農家トレンド『ソーラーシェアリング』
  3. キイチゴ類の受粉を自動化! 「受粉ロボット」がアメリカで開発中
  4. 電子版無料配信中! フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.08 7/9発行!
  5. 世界一安い! 腰痛のリスクを軽減するアシストスーツが2万円台!
  6. 収穫時間を10分の1に短縮! 農研機構が「中小規模生産者向け」新方式
  7. 太陽光×農業がイノベーションを巻き起こす!
  8. ハウスを積雪から守る支柱ユニットに、強度を上げた新タイプ追加
  9. 成功する農業後継~時代を超えて繋がれた”先々代の夢”
  10. <体験レポート>ゴルフカートは町ナカのブドウ農家で使えるか?
アグリ・ビジネス・ジャパン 2018   あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.08 / ¥0
2018年7月9日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル