注目キーワード

最新技術

「アレクサ、土のpH値は?」 会話できるアグリテックが誕生!

ニュージーランドで新たなアグリテックが開発された。アマゾンのスマートスピーカー「Amazon Echo」に話しかけながら農作業が進められるシステムだ。AIとの連携によって、どんなことができるのだろう?

アイキャッチ:autogrow.com

AIスピーカーに話しかけながら
圃場管理ができる!?

ニュージーランドの農業専門IT企業「オートグロウ」は世界初の”会話できるアグリテックシステム”を開発した。

autogrow.com

自社のクラウド型農業生産管理プラットフォーム「インテリ・グロウ」と自動音声認識や自然言語理解といった人工知能(AI)を提供する米アマゾン・ドット・コムのAIアシスタント「アレクサ」とを連携させているのが特徴。

「アレクサ」搭載のスマートスピーカー「アマゾンエコー」に話しかけることで、圃場の気温や湿度、pH値などを音声で確認したり、圃場に設置されている制御システムを遠隔操作できる仕組みだ。

近い将来、人間が人工知能と会話しながら農作業をすすめる光景が世界各地でみられるようになるかもしれない。

DATA

Autogrow



text: Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.08(2018年夏号)より転載

関連記事

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. “トリコデルマ菌”の働きをわかりやすく解説! 根張りを増やして収量アップへ...
  2. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  3. アザミウマの発生を1/10程度に削減! イチゴ農家を救うLEDの赤い光
  4. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  5. 雑草のプロフェッショナルに聞く! 草をマルチにするメリットと留意点
  6. 業界初!60度の急斜面でも草刈り可能な草刈機「ベローン」で安心・安全&ラクな作業へ...
  7. 強力な多年生雑草もすっきり一掃! コメリのおすすめ除草剤「マルガリーダ」とは?...
  8. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  9. 農作物・畜産の悩みに海藻が効く? 「アスコフィルム・ノドサム」の効能に注目!...
  10. 【物流2024年問題】トラックの時間効率を向上する「パレット循環体制」とは?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.31|¥0
2024/04/19発行

お詫びと訂正