注目キーワード

最新技術

国内初! 豚の「食下量推移」を数値で把握し、治療費のコスト削減へ

豚の「食下量推移」を数値で把握できるサービスが登場した。これにより豚の体調不良の検知も可能となり、治療期間の短縮や薬のコスト削減が期待できる。

飼料残量を可視化して
業務効率アップ!

養豚業界でDX化が進んでいるのはご存知だろうか。IoTソリューションを提供する株式会社システムフォレストと畜産を扱う株式会社イノセントが共同開発したシステムが、今話題を呼んでいる。システムの名は飼料残量可視化サービス「SiloMANAGER」。飼料タンクにセンサーを取り付けることで飼料の残量を計測してくれる。データはスマートフォンやパソコンでいつでもどこからでも確認できるため、餌が無くなっていないか見回りをする作業を省略できるのだ。

食下量を把握することで
豚の体調管理もできる

宮崎県都城市の萩原養豚生産組合では実際に「SiloMANAGER」を導入した。利用した感想を聞くと「必要な情報が数字でわかるのでとても便利」とのこと。萩原養豚ではさらに同サービスを活用して、国内で初めて豚の「食下量推移」を数値で把握。豚の体調不良の兆しが遅くとも翌日にはわかるようになった。上記データの導入により、治療期間の短縮や薬のコスト削減が見込まれる

養豚業界がDX化を進めることにより、本来の仕事である豚の成育にしっかりと時間をかけられるようになる。また、業務の効率化や人手不足の改善にも期待だ。これからどんなIoTソリューションが生まれるか、今後の動向に注目したい。

問い合わせ

株式会社システムフォレスト
飼料残量可視化サービス 「SiloMANAGER」WEBサイト
https://www.iot.systemforest.com/service/silomanager/



関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. 生産力は向上する? 費用対効果は? 専門家に聞くスマート畜産のメリットとトレンド技術...
  4. アニマルウェルフェアに配慮した循環型酪農へ。有機認証を取得した『鈴木牧場』とは?...
  5. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  7. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  8. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  9. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  10. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.23|¥0
2022/4/20発行

お詫びと訂正