「地球温暖化」の検索結果

豪雨、熱波、干ばつ、海面上昇……地球温暖化は、様々な悪影響を及ぼす大きな問題。しかし、植物にとっては悪影響だけではないようだ。

温暖化のジレンマ……CO2増加で米の収量が増える!?

農作物をつくりながら、電気までつくってしまう──それが、これからの農業スタイル「ソーラーシェアリング」だ。太陽の恵みを余すところなく活かし切る、環境調和型システム。そこには、様々な日本の課題を解決する、大いなる可能性が満ちている。

3分でわかる農家トレンド『ソーラーシェアリング』

農家にとって生産コストは死活問題! でも、もし肥料代のコストがゼロなら、利益はもっと増えるのでは? 今回は、肥料代ゼロでも収量を確保している、とある農家による"緑肥"の話をお伝えしよう。

肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業

地方創生を実現するためは、地域住民の参加が不可欠である。特に農業分野では住民が意思決定に参加することが大切だ。そんな農業と地方創生のつながりを、元・農林水産省 農林水産政策所長で食と農の政策アナリストである武本俊彦氏にお話を伺った。

地方創生を成功させるポイントは「兼業」と「住民参加」?

地球温暖化による気候変動や、市場の急速な変化への対応……高齢化が進む日本の農業において、栽培技術や環境・風土に関する知見を効率よく共有できる仕組みは、もはや不可欠といっていい。そんな課題を解決してくれるのが、この「e-kakashi」だ。

農業IoTで栽培技術や知見を効率良く共有する

アクセスランキング

  1. “置くだけ”でシカやイノシシが寄ってこない!? 作物を獣害から守る方法
  2. 軽トラ=白は古い!? カッコ良すぎるカラフルな最新軽トラ3選
  3. 若手農家集結! 全国青年農業者会議が2/26-27に開催
  4. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  5. 弱い農家が淘汰された「強い農業」は暴論か? 賢い消費者が地域を支える
  6. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  7. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  8. 農業先進国のノウハウを身につけられる海外農業研修「アグトレ」とは?
  9. ハウス環境を一括制御! 今年導入したい『統合環境制御盤』とは?
  10. フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.10 1/18(金)発行!
第65回JA全国青年大会 あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.10 / ¥0
2019年1月18日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル