「JA(農業協同組合)」の検索結果

農業のIT化で語られやすい、ドローンや無人トラクターなど"ハードのIT化"。もちろんそれも大切だが、中規模以下の農家では、より始めやすい&業務時短につながる"ソフトから進めるIT化"が重要だ。

JAとのやり取りがスムーズに! 作業効率が上がる”営農支援システム”

年が明けて、3月の年度末が近づいてきた。そろそろ確定申告の準備に入る時期となる。確定申告には2種類あり、作業は少し多くなるものの、節税効果の大きい「青色申告」がオススメだ。今回は、農家の青色申告を簡単に行う専用ソフトを紹介しよう。

農家の確定申告を簡単に! はじめてでも「青色申告」できる専用ソフト

次世代農家を中心にニーズが高まっている農業ICT。しかし実際、管理や出荷の効率化に向いているシステムは多いが、生産技術向上に役立つツールは少ない。農家が使いやすく、より良いアグリテックを生み出すために、JAはどう動くべきなのだろう。

「農業のIT化」の隠れた問題とは? アグリテック推進でJAがすべきこと

JA全農が、30肥料年度秋肥共同購入の結果を公表した。対象品目を普通化成一般、苦土入り高度化成まで拡大し、約3万トンの予約を積み上げたうえ、入札によって約1~3割の価格引き下げを実現したという。

JA全農が30年度「秋肥」共同購入で1~3割の価格引き下げ

住友商事が、環境保全米の栽培が盛んな「JAみやぎ登米」と戦略的パートナーシップを締結。農業用ドローンによる先端技術などを実地で試験し、現場で機能するかどうかを検証するという。

住友商事が「JAみやぎ登米」と連携して先端技術を実地検証

独禁法違反は、その取引実態から摘発されるが、規約面などにも「全量出荷」など抵触しやすい文言が未だ残っていることも、違反の証拠として取り上げられている。中央大学大学院教授・杉浦氏が語る、JAと農家の間の取引における喫緊の課題とは?

双方納得の取引へ。契約概念の導入による、JAと農家の新たな関係構築

近年、JAグループの店舗でコラボレーションショップが続々と誕生している。互いの強みを活かし、農家や地域の人々に、どんなサービスが提供されているのか? 今回は、3つの店舗を紹介しよう。

地域の農を支える!JAコラボショップが続々オープン中

JAの独占禁止法問題に引き続き焦点が当たっている。中央大学大学院戦略経営研究科教授 杉浦宣彦さんが、各JAがとるべき対策について解説する。

JAは、独占禁止法問題にどのように向き合うべきか

JA土佐あきが独占禁止法違反で排除措置命令を受けてから、1年が過ぎた。この事案で浮き彫りになった独占禁止法への誤解について、中央大学大学院戦略経営研究科教授の杉浦宣彦さんにお話を聞いた。

JAと生産部会の線引~独占禁止法に抵触する可能性は?

国際自由貿易交渉や農協改革議論によって農業を取り巻く情勢は目まぐるしく変化している。そんな中、今、協同組合が世界的に再評価されている。「協同」で叶う姿をJA全青協6万人のリーダーにお話を伺った。

JA青年協議会6万人のリーダーが語る「持続可能な農業」の作り方とは

1 2

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. 農家の声から生まれたワークウェア、クラウドファンディングを開始!
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  6. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  7. 【事例紹介】農福連携~企業・福祉施設・行政の取り組み
  8. 暑さに負けないトマトを作るには? ハウス栽培は「白色資材」に注目!
  9. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.11 / ¥0
2019年4月15日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル