「果樹」の検索結果

近年注目を浴びている"バイオスティミュラント"。名前は知っていても、具体的にどんな効果があるのか知らない人も多いだろう。そこで今回、アグリジャーナル編集部ではゼロから基礎知識を大特集! これを読めば、あなたもバイオスティミュラントマスターになれる……!

【編集部厳選】いま話題の「バイオスティミュラント」って何? 基礎知識と効果まとめ

この秋、樹木1本ごとの作業記録を取得できるアプリが登場。現場の声が如実に反映された実用的なツールゆえ、今後注目を浴びそうだ。今なら2ヶ月間無料で体験できるので、果樹農家の方はぜひ試してみてほしい。

人の動きをデータ化! 農家の負担を減らし、売り上げアップにつながるアプリが登場

世界では次々と新しい農業のかたちが生まれている。今回は、アメリカで生まれたドローンによる花粉散布ソリューションをチェックしてみよう。

ドローンで花粉を散布! 世界初の人工授粉ソリューションとは?

1月に開催された『markerhood MARKET』で、あるエプロンが注目を集めた。機能性とファッション性に優れたこのエプロンには、開発に携わった果樹農家の想いが込められている。

カッコよすぎる「果樹農家用エプロン」新潟市の農園とコラボ開発

「日本ワイン」の表記基準が、10月30日から厳格化される。国産ブドウ100%のものだけが、ラベルに「日本ワイン」と表記できるようになる。

「日本ワイン」の表記基準が厳格化、10月30日から

糖度計はこれまで、センサー部分に果汁を垂らして甘さを測る方法が一般的だったが、最近は"光センサー"による計測がトレンドになってきている。大切な商品をキズつけることなく、簡単に品質管理ができる新モデルを早速チェック!

アタゴ糖度計、新モデルは”光センサー”で計測可能に

りんご発祥の地、青森県弘前市でりんごを育て続けてきた「もりやま園」。長年悩まされていた摘果果の廃棄問題に対し、新たな付加価値を見出すための試みが話題を呼んでいる。これまでの経験と目の前にある現実を見つめ、生産者自らが開発に踏み切った画期的なICTツールとは?

老舗りんご園がICTツールの「自社開発」に挑戦!?

高齢者でも管理がしやすく、観光農園や6次化の需要もあるとして、千葉県内でも生産量が増加しているブルーベリー。「ソーラーシェアリングにも適した希望の作物」と胸を張る、いすみ市のブルーベリー農家に話を聞いた。

シェアした太陽光でブルーベリー!収穫量や糖度は?

イチゴ栽培の事業を始めると発表した、東京電力フュエル&パワー。発電事業を行ってきた企業ならではの、「エコファーム」事業とは?

電力会社ならではのイチゴ栽培事業がスタート!

東日本大震災をきっかけにスタートした農業生産法人GRA。誰もがブランドイチゴを栽培できることを目標に、IT技術と農業の可能性を探る彼らのビジョンとは。24歳でITベンチャーを起業した代表取締役CEOの岩佐大輝さんに話を伺った。

まるで“食べる宝石”!? IT×農業が生んだ宮城の苺

1 2

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 若者の農業離れに警鐘! “都市に暮らす人々と農業をつなぐ場”が鍵になる
  3. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  4. 誰でも高精度に施肥できる! スマート農業を支える肥料散布機とは?
  5. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  7. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  8. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  9. バラ・トマト・イチゴ農家が語る 低温CO2施用機『真呼吸』の実力とは
  10. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル