注目キーワード

「畜産」の検索結果

畜産業界で今注目のアイテムをピックアップ。畜舎環境の遠隔モニタリングを可能にするIoTサービスから、牛を見守る高精度AIまで、畜産を進化させる4選をチェックしよう。

要チェック! 畜産の高品質・環境向上・経営改善を支える注目のアイテム4選

スマート農業のひとつとして注目されているのが、飼料や燃料のタンク監視システム。設置も簡単な「センサー通信機+クラウド」で、タンク残量確認の巡回不要や飼料の枯渇防止など畜産分野で大いに活躍してくれる。

畜産DXへの第一歩に! 飼料タンクの見える化で手間もコストも削減

現在搾乳ロボットは、メガ酪農経営のみならず、中堅規模経営にも続々と導入されているという。様々な課題を抱える畜産においてスマート化は、経営の大小問わずもはや必然の波だ。今回は「スマート畜産」のメリットやトレンドの技術について専門家に伺った。

生産力は向上する? 費用対効果は? 専門家に聞くスマート畜産のメリットとトレンド技術

世界的な潮流となっているアニマルウェルフェア。快適な環境下での飼養管理のため、そして労働力不足のなかでの効率化のため、注目されているスマート技術の活用について、学んでみよう。

IoT導入でトラブル対応の迅速化へ! スマホですべてを「見える化」した注目の養豚場

株式会社セラクでは、畜産向けIoTサービス「ファームクラウド」を2020年4月より開始。畜舎環境の遠隔モニタリングが可能で、温度・湿度・二酸化炭素濃度といった一般的な環境指標を可視化する。さらに要望に合わせた項目の遠隔監視もカスタマイズできる。

畜舎環境の遠隔モニタリングが可能に!生産性向上に有効と実証済のIoTサービスとは

“自家配合プラントの構築”と“飼料マネジメント”をコンサルティングすることで、畜産の手間とコストの削減を実現するコーンテックが、新たな挑戦を始めたようだ。同社代表取締役の吉角裕一朗さんにお話を聞いた。

餌代が大幅削減! 日本の畜産を変えるAI・IoTを活用した仕組みとは?

畜産においても既に、様々なロボット、AI、IoT技術が活用されている。ここでは宇都宮大学教授の池口厚男氏が『第1回国際畜産資材EXPO』にて行った講演を要約しつつ、スマート畜産の現状と未来をご紹介しよう。

スマート畜産の課題と今後は? ロボット、AI、IoT活用の現状とは

特集企画

アクセスランキング

  1. 土壌を豊かにし、環境を再生する不耕起・草生栽培|日本での現状と、普及への道筋とは?...
  2. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新冬号1/20(木)発行!
  3. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  4. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  5. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  6. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  7. 畦畔の草刈りはロボットにお任せ!長野県信濃町で実装実験
  8. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  9. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  10. 畑仕事もオフの日も楽しむ! 「上げトラ&カスタム」ブームが到来!?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.22|¥0
2022/1/20発行

お詫びと訂正