注目キーワード

「畜産」の検索結果

現在搾乳ロボットは、メガ酪農経営のみならず、中堅規模経営にも続々と導入されているという。様々な課題を抱える畜産においてスマート化は、経営の大小問わずもはや必然の波だ。今回は「スマート畜産」のメリットやトレンドの技術について専門家に伺った。

生産力は向上する? 費用対効果は? 専門家に聞くスマート畜産のメリットとトレンド技術

世界的な潮流となっているアニマルウェルフェア。快適な環境下での飼養管理のため、そして労働力不足のなかでの効率化のため、注目されているスマート技術の活用について、学んでみよう。

IoT導入でトラブル対応の迅速化へ! スマホですべてを「見える化」した注目の養豚場

株式会社セラクでは、畜産向けIoTサービス「ファームクラウド」を2020年4月より開始。畜舎環境の遠隔モニタリングが可能で、温度・湿度・二酸化炭素濃度といった一般的な環境指標を可視化する。さらに要望に合わせた項目の遠隔監視もカスタマイズできる。

畜舎環境の遠隔モニタリングが可能に!生産性向上に有効と実証済のIoTサービスとは

“自家配合プラントの構築”と“飼料マネジメント”をコンサルティングすることで、畜産の手間とコストの削減を実現するコーンテックが、新たな挑戦を始めたようだ。同社代表取締役の吉角裕一朗さんにお話を聞いた。

餌代が大幅削減! 日本の畜産を変えるAI・IoTを活用した仕組みとは?

畜産においても既に、様々なロボット、AI、IoT技術が活用されている。ここでは宇都宮大学教授の池口厚男氏が『第1回国際畜産資材EXPO』にて行った講演を要約しつつ、スマート畜産の現状と未来をご紹介しよう。

スマート畜産の課題と今後は? ロボット、AI、IoT活用の現状とは

特集企画

アクセスランキング

  1. 2時間で“スマート農業の将来”がわかる! 無料のオンライン報告会が開催...
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  4. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  5. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  6. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  7. 多用途ハイブリッドトラクターとは!? 海外の有望スタートアップ企業が生み出す農業ロボット4選...
  8. 加速する畑作物向けロボット開発! フランス・国際農業ロボットフォーラムから最新事例4選...
  9. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  10. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17|¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正