「肥料」の検索結果

最近、アミノ酸配合の肥料が注目を集めている。うま味成分であるアミノ酸(グルタミン酸)を肥料として使うことで、野菜の味がグンとアップするという。

野菜の味が驚くほどアップする! 話題の”アミノ酸配合肥料”って?

サンプルを使った農家の3/4が「来シーズンの使用や前向きな検討をする」と回答!? いま最も注目の、ホームセンターで買える水稲用殺虫殺菌剤&肥料とは? 

リピーター多数! ホームセンターで人気の水稲用肥料&殺虫殺菌剤

畑のタマネギが、思ったより育たない。その理由は、肥料を与えるタイミングが難しすぎるから。「最初に畑に混ぜておけばOK!」なんて都合のいい肥料はないのだろうか? 実は、ホームセンターにあるかも……!

最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料

趣味の園芸用としてはもちろん、農家もホームセンターで生産資材を購入する人は多い。今回はその中でも注目の、国産有機入り化成肥料をピックアップ。個性的なラインナップながら、どれも機械施肥に対応している。

農家に人気! ホームセンターで買える国産有機入り化成肥料3選

JA全農が、30肥料年度秋肥共同購入の結果を公表した。対象品目を普通化成一般、苦土入り高度化成まで拡大し、約3万トンの予約を積み上げたうえ、入札によって約1~3割の価格引き下げを実現したという。

JA全農が30年度「秋肥」共同購入で1~3割の価格引き下げ

農林水産省が、国内外の農業資材価格についての調査結果を公表。肥料や農薬の価格は、販売店によって大きな値段差があることが明らかになった。また、海外の資材価格は、日本よりも総じて安価だという。

農水省が肥料や農薬の価格調査、販売店によっては2倍以上の値段差も

今、世界の農業が取り込まれつつある「マネー資本主義」。"より多くのお金を稼ぐ"ことを目的に、大量生産や遺伝子組み換えを行った先に潜む落とし穴とは? 地域エコノミストの藻谷浩介氏にお話を伺った。

日本の農業が危ない!? 「マネー資本主義」に潜む危険性

作物の生育には欠かせない肥料。その効果が長く続けば、施肥量も追肥量も軽減され、農家の負担だって少なくなる。カインズが開発したのは、まさにそんな肥料。3ヶ月間の肥効を実現してくれるという肥料を紹介しよう。

施肥・追肥量を大幅に削減! 農作業がラクになる省力型肥料って?

作物の栽培には欠かせない窒素肥料。しかし、その窒素肥料による環境問題が深刻になっていることをご存知だろうか。名古屋大学大学院では、光合成生物に着目し「空気を肥料とする」農業へ一歩を踏み出した。

「空気を肥料とする」農業へ! 名大の研究が大きな一歩

農業において、最も重要だと言える土づくり。新米農家をはじめ、多くの農家が最良の土を求めているはず。そんな農家に朗報! 植物の健全な発育に貢献する、農家にとっての理想の土をご紹介。販売しているのは、なんと誰もが知ってるホームセンター!?

まさに農家の理想の土! 土選びに迷ったらこれを買え!

1 2

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. 熱気に包まれた「全国青年農業者会議」の2日間。全国の若手農家が集結
  5. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  6. 発芽・育苗を成功させるならコレ! ダークピートを使った”超人気培土”
  7. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  8. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  9. 「先端技術アワード農業2.0」で登場した3つのITサービス
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.10 / ¥0
2019年1月18日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル