「肥料」の検索結果

JA全農が、30肥料年度秋肥共同購入の結果を公表した。対象品目を普通化成一般、苦土入り高度化成まで拡大し、約3万トンの予約を積み上げたうえ、入札によって約1~3割の価格引き下げを実現したという。

JA全農が30年度「秋肥」共同購入で1~3割の価格引き下げ

農林水産省が、国内外の農業資材価格についての調査結果を公表。肥料や農薬の価格は、販売店によって大きな値段差があることが明らかになった。また、海外の資材価格は、日本よりも総じて安価だという。

農水省が肥料や農薬の価格調査、販売店によっては2倍以上の値段差も

今、世界の農業が取り込まれつつある「マネー資本主義」。"より多くのお金を稼ぐ"ことを目的に、大量生産や遺伝子組み換えを行った先に潜む落とし穴とは? 地域エコノミストの藻谷浩介氏にお話を伺った。

日本の農業が危ない!? 「マネー資本主義」に潜む危険性

作物の生育には欠かせない肥料。その効果が長く続けば、施肥量も追肥量も軽減され、農家の負担だって少なくなる。カインズが開発したのは、まさにそんな肥料。3ヶ月間の肥効を実現してくれるという肥料を紹介しよう。

効果が長続きする肥料で、施肥・追肥量を大幅削減! 

作物の栽培には欠かせない窒素肥料。しかし、その窒素肥料による環境問題が深刻になっていることをご存知だろうか。名古屋大学大学院では、光合成生物に着目し「空気を肥料とする」農業へ一歩を踏み出した。

「空気を肥料とする」農業へ! 名大の研究が大きな一歩

農業において、最も重要だと言える土づくり。新米農家をはじめ、多くの農家が最良の土を求めているはず。そんな農家に朗報! 植物の健全な発育に貢献する、農家にとっての理想の土をご紹介。販売しているのは、なんと誰もが知ってるホームセンター!?

まさに農家の理想の土! 土選びに迷ったらこれを買え!

大分県臼杵市にあるワタミファーム臼杵農場が、JGAP認証を取得した。認証に必要な条件を満たし、第三者機関による厳しい審査をクリアするために、ワタミファームの親会社であるワタミグループが心掛けてきたことは何か?

JGAPを取得したワタミファームが心掛けたこととは?

近年、新しいテクノロジーが続々と登場し、世界規模で農業の可能性が拡大している。水耕栽培プランターと魚を飼育する水槽を結合する“アクアポニックス”もその1つだ。今回はスペイン発の循環型農法、「アクアパイオニアズ」をご紹介する。

魚の飼育で植物の成長が2倍になるアクアポニックス!

ハエといえば害虫の代名詞的な存在。そんなイエバエが、家畜糞尿を植物肥料や漁業養殖用飼料に変換してくれる「イエバエ高速培養技術」が実用間近だ。世界の食糧危機を解消する方法になり得るか、と注目を集めている。

ハエから生まれた新肥料が農業界に激震を起こす!

様々な分野のテクノロジーが農業分野に適用される昨今。高収益を謳うシステムやサービスは少なくない。だが、その導入コストは決して少なくなく、中小規模農家にとって高いハードルだ。そんな障害を乗り越えるべく開発された、新しいサービスをご紹介しよう。

養液土耕+クラウドで低コストで高収益を実現!?

1 2

アクセスランキング

  1. 中国大手IT企業が開発! AIを活用した農業用モニタリングシステム
  2. 3分でわかる農家トレンド『ソーラーシェアリング』
  3. キイチゴ類の受粉を自動化! 「受粉ロボット」がアメリカで開発中
  4. 電子版無料配信中! フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.08 7/9発行!
  5. 世界一安い! 腰痛のリスクを軽減するアシストスーツが2万円台!
  6. 収穫時間を10分の1に短縮! 農研機構が「中小規模生産者向け」新方式
  7. 太陽光×農業がイノベーションを巻き起こす!
  8. ハウスを積雪から守る支柱ユニットに、強度を上げた新タイプ追加
  9. 成功する農業後継~時代を超えて繋がれた”先々代の夢”
  10. <体験レポート>ゴルフカートは町ナカのブドウ農家で使えるか?
アグリ・ビジネス・ジャパン 2018   あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.08 / ¥0
2018年7月9日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル