注目キーワード

「農家レストラン」の検索結果

いまでこそ人気の高いフルーツトマトを、昭和60年頃から生産しているタカギ農場。現在は6次産業化として農園レストランをオープンし、県外からも多くの人々が訪れている。

ブランド化したフルーツトマトが味わえる!新潟県の農家レストラン

近年、6次産業化に取り組む農園が増えてきているが、始めるにはまとまった資金が必要だ。そこで、農林水産省の「6次産業化整備支援事業」を利用して成功を遂げた事例がある。今や人気スポットとなった札幌の農家カフェ『コッコテラス』だ。

卵のおいしさを届けたい! 6次化カフェで思いを実現

2013年に就農し、夫と二人で農家レストランを経営することを夢見てきた高橋さん。夢の実現が目前となる現在、農業をはじめるキッカケや楽しみ方を聞いた。

移住して有機農家レストラン…ある夫婦の夢の叶え方

農業にあらゆる企業が参入しているが、とりわけ小林武史さんが中心となって設立した農業生産法人「耕す」は、そのこだわりぬいたコンセプトが注目の的となっている。

小林武史が農業をプロデュース! 食と農を考える

特集企画

アクセスランキング

  1. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 草刈りの安全性と効率アップに! 刈払機に取り付けられるアタッチメント2選...
  5. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  6. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  7. 【募集】モニター募集!9月撮影、ロボットによる草刈り作業体験!
  8. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  9. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  10. 亀岡盆地の京野菜生産が危機に直面 原因は「投機目的での農地所有」の蔓延にあった...
アグリク2020

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.16 / ¥0
2020年7月30日発行

お詫びと訂正