「農業アイテム」の検索結果

建築業者のSUMIDAが、防草シートを開発。必要十分な機能と、価格のリーズナブルさを組み合わせたミドルクラスの商品は、これまでなかったものだ。コストパフォーマンス抜群の防草シートが、建築業者の手で生まれた理由とは。

雑草対策の決定版! コスパに優れた防草シート「はるん田゛」

世界で初めて、2万円台という低価格帯を実現したアシストスーツが登場した。農作業で負担のかかる足腰をサポートし、腰痛のリスクを軽減する。

世界一安い! 腰痛のリスクを軽減するアシストスーツが2万円台!

昨今、食料品への異物混入が多発しており、食品メーカーが自主回収するケースが相次いでいる。中でも一番多いのが「虫など」によるケース。きのこ業界においても例外ではなく「きのこバエ」に頭を悩ませている生産者は多い。 

きのこ農家に朗報! ハエを”泡”で捕る捕虫器が登場

「こがる」の愛称で30年以上に渡って広く愛用されているハスクバーナ・ゼノアのトップハンドルチェンソー「こがるシリーズ」から、クラス最強の「ハイパーこがる」がいよいよ登場。どれほどパワフルになったか、その操作性と切れ味をレポート!

見た目は可愛いが、実はスゴイ。超小型チェンソー

生活雑貨やインテリア雑貨を中心に「毎日の暮らしが楽しくなるナチュラル雑貨」をセレクトするオルネ。ガーデンツールやDIYグッズも充実した品揃え。デザインにこだわりがありながらも、本格的に使えるアイテムが見つけられる。

機能性抜群でスタイリッシュ! 農家が使いたくなるガーデンツール3選

比較的育てやすいといわれる、ホウレン草。旬は冬だが、夏場のホウレン草もじっくり生育したい。日照不足や肥料過多、水分過多などで起こる徒長(無駄な成長)を防ぎ、良質なホウレン草生育に一役買ってくれる資材とは?

夏場のホウレン草の徒長を防ぐ! 秘策は青色の光

ドイツの次世代農業のアイデアは、カメラを使って雑草を自動認識し、レーザーを照射することで雑草の生命力を減退させるという画期的なシステム。先進的なテクノロジーの実態とは?

除草剤の使用量が軽減!? 次世代農業レーザーシステム

モンベルから、スタイリッシュな農作業用つなぎが新登場! アウトドア総合ブランドだからこそ実現できた、雨風に強い最高品質のクオリティとは?

モンベルが生んだ『デザイン×高性能』ワークウェア

種苗メーカー「ロウ7シード」は米国の有名シェフと育種家によって創設された新たな農業アイテムだ。それぞれの恊働によって生まれたアイテムはいったいどんなものなのだろうか?

有名シェフと育種家によるユニークな種苗メーカー誕生

イタリアの次世代農業のアイデアは、ハチの巣から着想したモジュール式の自動屋内農場システム。限られたスペースを最大限に活用できるよう工夫された、機能性抜群な六角形デザインとは?

まるで蜂の巣!? イタリア発のモジュール式自動屋内農場システム

1 2 3

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  3. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  4. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  5. 農業版カーナビ「AgriBus-NAVI」が無料で使える!
  6. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  7. 遠隔監視&遠隔潅水システムをDIY! 参考にしたい低コストな作り方
  8. 【進化する農業現場】農業×企業が生む”地域活性の仕組み”とは?(前編)
  9. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.11 / ¥0
2019年4月15日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル