道工具・資材

「ミハラス」は他のITセンサーと何が違う?

圃場環境を「見える化」してスマートフォンやPCなどで栽培に役立てるITセンサー。なかでも、広い圃場の「見回りの省力化」に便利と、ハウスだけでなく水田や畑でも導入が広がる「ミハラス」に注目!

MIHARASとは?

圃場の「見回り省力化」「生産性向上」を支援する農業向けITセンサー。大規模化・分散化が進んだ圃場でも、手元で簡単に環境データの監視が可能です。

特徴1

<低コストでシステム導入が可能>
・自社開発センサーの採用により低コスト化を実現。
・データ収集装置とセンサー端末間は、特定小電力無線の採用により通信費不要。

特徴2

<長距離通信により、広範囲・大規模圃場の監視が可能>
・データ収集装置とセンサー端末間の無線通信距離5km以上の実証確認済み。
※無線通信距離は、設置される周囲の環境に依存します。
・データ収集装置1台につき、最大100台のセンサー端末を接続可能。

特徴3

<設置が容易>
・保管性、可搬性を考慮した細型、軽量設計。
・センサー端末は、お客さまで簡単設定(設定機は不要)。


資料ダウンロード・お問い合わせはこちら
ニシム電子工業株式会社
本社:〒812‐8539 福岡市博多区美野島一丁目2番1号
TEL:(092)482-4700
事業所:東京・大阪・広島・福岡・北九州・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. “食べられるバラ“を新たな形に! 女性起業家が切り開く農業の未来とは
  4. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  6. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
  7. 「ワタミオーガニックランド」が2021年にオープン! 独自の6次産業モデルを再現
  8. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  9. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル