注目キーワード

道工具・資材

農業生産をITで支援「みどりクラウド」が他社制御盤との連携も開発中

遠くからでも圃場の様子を確認できる「みどりモニタ」、農作業の記録・管理に便利な「みどりノート」といった総合的な支援サービスを提供しているセラクの「みどりクラウド」。他社の制御盤との連携技術も開発中だという。

スマホだけでなく
ガラケーにも対応

2018年7月11日~13日、東京ビッグサイトで「施設園芸・植物工場展 2018(GPEC)」が開催された。アグリジャーナル編集部は、会場内の各ブースを徹底取材。注目ブースを、複数回に分けて紹介する。今回は、農業生産支援のITサービス「みどりクラウド」を展開するセラクだ。

今回アピールしていたのは、大きく2つ。まず1つ目が「みどりモニタ」だ。センサーを設置して、圃場の環境を自動的に計測・記録。スマートフォンなどで遠くからでも圃場の様子を確認でき、異常な環境を検知すると警報で通知することもできる。さらにユーザー間での情報共有にも対応しており、北海道から沖縄まで全国1,200ヶ所以上で導入されているという。

2つ目が「みどりノート」。年間作付け計画から、日々の農作業の記録・管理を行うサービスだ。事前に計画を作成しておけば、今日何をすべきか、といった情報が毎日スマホに届く。従業員も含めた、作業の工程管理などに威力を発揮する。また、農薬のデータベースと紐付いており、簡単に農薬の情報を検索することもできる。

なお、これらの「みどりクラウド」サービスは、スマートフォンだけでなく旧来型のフィーチャーフォン(ガラパゴス携帯、ガラケー)にも対応している。同社のブース担当者は「現場では、耐候性などの理由からスマホではなくガラケーを使っている方も多い。ガラケーにも対応しているのが当社の強みの1つ」とアピールする。


他社の制御盤との連携についての参考出展

一方、今回のブースで参考出展していたのが、みどりクラウドと他社の制御盤との連携技術だ。みどりクラウドのデータをもとに、さまざまな施設・設備を制御する。メリットはコスト面。環境制御システムを一式すべて入れ替えるよりも、ずっとリーズナブルに導入できる。また、使い慣れた制御盤をそのまま継続して使用することも可能だ。まだリリース時期は未定だが、既に全国3ヶ所で試験を行っているという。

DATA

温室内環境遠隔モニタリングシステム みどりクラウド

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 【農家にオススメの副収入】ソーラーシェアリングが学べるセミナー開催
  3. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  4. 人気沸騰間違いなしの新製品が続々! 日本上陸を果たしたスマート農機に注目...
  5. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  6. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  7. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  8. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  9. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  10. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17 / ¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正