道工具・資材

残暑をクールに乗り切ろう! ハイセンスで涼しいワークウェア

まだまだ暑さが続くこの時期。農作業を快適にしてくれるワークウェアをピックアップ! 仕事中はもちろん普段着にも使えるハイセンスなファッションアイテムで、残暑を涼しく乗り切ろう!

基準は日本製! 素材に
こだわるオシャレキャップ

インパクトあるバイカラーのキャップは、大阪の老舗ショップ「マンボラマ」が発信するブランド「NECESSARY or UNNECESSARY」のもの。

「素材、物づくりの基準はすべて日本製」とこだわる同ブランドの商品は、使い込むほどに味が出てくるのも魅力のひとつ。夏の間にかぶり倒せば、あなたの頭に馴染む唯一無二のキャップに。

NECESSARY or UNNECESSARY
TRADE MARK CAP
¥4,500(税抜)
問い合わせ:Mamborama

職人の信念が詰まった
定番ショートパンツ

日本でしかつくれない高品質のコーデュロイ生地を使用した膝上丈のショーツ。コーデュロイの聖地ともいわれる静岡県の遠州地域で織り上げられた生地を、繊維の街、倉敷・児島で丁寧に縫製、染色。

肉厚な生地と太めの畝が存在感を発揮し、シンプルなコーディネートのポイントに。全12色からお気に入りを探してみて。

オーシャンパシフィック
ユニセックス コーデュロイショーツ
¥11,000(税抜)
問い合わせ:オーシャンパシフィック


photo: Kouichi Imai text: Makiko Fukuda

AGRI JOURNAL vol.08(2018年夏号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  4. 新規就農支援事業の増額に意味はあるのか? 日本農業の本当の弱点とは
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. 農業が嫌でたまらなかった……。 “農家の嫁”がキャリアを活かして活躍
  7. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  8. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  9. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  10. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル