注目キーワード

道工具・資材

農作業用”あったかアイテム”は流行りのコーデュロイでオシャレに!

冬の厳しい寒さをものともしない、メイドインジャパンの高機能なワークウェア&アイテムをご紹介。あったかウェアを身につけるだけで、外での農作業が一段と快適に!

中でも外でも手放せない
機能性の高いハンターキャップ

HIGHER
コーデュロイハンターCAP(左)8,300円
コードレーンハンターCAP(右)8,300円

帽子の名産地・岡山県南西部の伝統と技術に、新しいエッセンスを加えた帽子づくりをする「HIGHER」。トマト農家とともに創り上げたという今季の新作は、冬の農作業に嬉しい耳あて付きのキャップ。米海軍の防寒着の生地を復刻したコードレーンは肉厚で素朴な味わい。光沢感のあるコーデュロイはカジュアルな着こなしにフィット。

耳あては頬にぴたっとフィットするあたたか設計。キャップの丸みに沿って耳あてが上がるから、屋内作業の邪魔にもならない。

これぞリアルワークウェアの
スタンダードブランド

BLUCO
BOA COACH JACKET 15,556円

BLUCOのコンセプト「100% GENUINE WORKGARMENT」は、直訳すると純正作業服。単なるワークテイストではなく細部にまで拘ったリアルワークウェアだから、ハードな農作業にも難なく堪えてくれるのが嬉しいところ。コーチジャケットは裏地に毛足の長いボアを使用。保温性が高いから、作業中はもちろん行き帰りも手放せなくなりそう。

色はブラック、ネイビー、オリーブの3色展開。シンプルなデザインなので冬の定番アイテムとして、活躍してくれること間違いなし。



photo:Nahoko Suzuki
text:Makiko Fukuda

AGRI JOURNAL vol.9(2018年秋号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 不耕起栽培の大事なポイントは? パタゴニアのワークウェアが寄り添う、小さな農園の取り組み...
  2. 【農業weekレポート】畜産業界の最先端技術が集結!効率化や省力化に役立つ製品を紹介...
  3. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  6. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  7. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  8. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?
  9. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  10. ネギが太ると話題!農林水産大臣賞に選ばれた白ネギ農家の“栽培のヒケツ”とは?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正