道工具・資材

農作業用”あったかアイテム”は流行りのコーデュロイでオシャレに!

冬の厳しい寒さをものともしない、メイドインジャパンの高機能なワークウェア&アイテムをご紹介。あったかウェアを身につけるだけで、外での農作業が一段と快適に!

中でも外でも手放せない
機能性の高いハンターキャップ

HIGHER
コーデュロイハンターCAP(左)8,300円
コードレーンハンターCAP(右)8,300円

帽子の名産地・岡山県南西部の伝統と技術に、新しいエッセンスを加えた帽子づくりをする「HIGHER」。トマト農家とともに創り上げたという今季の新作は、冬の農作業に嬉しい耳あて付きのキャップ。米海軍の防寒着の生地を復刻したコードレーンは肉厚で素朴な味わい。光沢感のあるコーデュロイはカジュアルな着こなしにフィット。

耳あては頬にぴたっとフィットするあたたか設計。キャップの丸みに沿って耳あてが上がるから、屋内作業の邪魔にもならない。

これぞリアルワークウェアの
スタンダードブランド

BLUCO
BOA COACH JACKET 15,556円

BLUCOのコンセプト「100% GENUINE WORKGARMENT」は、直訳すると純正作業服。単なるワークテイストではなく細部にまで拘ったリアルワークウェアだから、ハードな農作業にも難なく堪えてくれるのが嬉しいところ。コーチジャケットは裏地に毛足の長いボアを使用。保温性が高いから、作業中はもちろん行き帰りも手放せなくなりそう。

色はブラック、ネイビー、オリーブの3色展開。シンプルなデザインなので冬の定番アイテムとして、活躍してくれること間違いなし。



photo:Nahoko Suzuki
text:Makiko Fukuda

AGRI JOURNAL vol.9(2018年秋号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  3. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  4. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  5. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは
  6. あのパタゴニアがワークウェアを日本展開! 高機能だけでなく未来を見据えた取り組みとは
  7. 台風被害に遭ったブロッコリーが復活! バイオスティミュラントはどれくらい凄い?
  8. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  9. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  10. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル