道工具・資材

最高のワークウェアで、いつも自分らしいスタイルを

ファッションとワークウェアの垣根は、どんどんなくなっていっている。仕事のときも自分らしいスタイルを貫けるアイテムが続々登場!

ストーリーのある作業着と
畑へ! 街へ!

sénélier
H.R gimmicks overalls
¥29,000

あるアーティストにフォーカスしてつくられたオーバーオール。アーティストのワークライフに寄り添った心遣いに満ちた1枚は、農作業のさまざまな場面にも応えてくれること間違いなし! 胸当てをエプロンにできる2way仕様で、表側のポケットは取り外し可能。生地はタフかつ、品のある風合いのコットン100%。
問/sénélier ☎082-872-8245

 

ヴィンテージ感香る
収納力抜群のワークベスト

SASSAFRAS
PLANT HUNTER VEST / 8oz
INDIGO DENIM ¥6,000

ヴィンテージウエアをデザインソースに、ガーデニングウェアを発信し続ける「SASSAFRAS」。オールドハンティングベストをモチーフとしたデニムベストは、シンプルなシルエットながら作業効率を高めてくれる超多機能モデル。着込み、洗い、を繰り返し、デニムならではの経年変化を楽しみたい。
問/ONE TENTH ☎078-599-7334


text: Makiko Fukuda

AGRI JOURNAL vol.5より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. “食べられるバラ“を新たな形に! 女性起業家が切り開く農業の未来とは
  4. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  7. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
  8. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  9. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  10. こんな立地でなぜ人が集まる? 「ぽつんと」ジェラートショップ
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル