道工具・資材

簡単整地で作業効率が一気にアップ! トルコの最新機が日本初上陸

2019年4月より、三菱マヒンドラ農機が、作業機『Deep Chisel(ディープチゼル)』の輸入・販売を開始! 「粗起し」と「心土粉砕」2つの作業を同時に行うことができ、さらなる作業効率アップが期待できる。

日本から世界へ
いま注目の農業機械メーカー
三菱マヒンドラ農機とは?

三菱マヒンドラ農機株式会社は、島根県松江市を拠点として100年以上にわたり農業機械の製作・販売を手掛けてきた。

その名が表すように、2015年には、インドのマヒンドラ&マヒンドラ社との戦略的提携を果たしている。当のマヒンドラ社は、農業大国インドにおいて、トラクターシェア1位、トラクター販売台数でも世界トップクラスの大企業だ。

これまで着実に積み上げてきた製品開発力と、グローバル市場における強力な展開力を武器に、世界農業の発展に挑み続けている。



手強い土壌でも
均一に整地可能!

今回、三菱マヒンドラ農機が輸入・販売を開始するのは、トルコのHISARLAR(ヒサルラー)社が開発した作業機、『Deep Chisel(ディープチゼル)』だ。

最大の特徴は、鋤(スキ)のような長い刃と、土塊を砕くスパイクローラーを併せ持っていること。この2つの特徴により、土壌の深部まで掘り起こす「粗起し」、そして掘り起こした土を粉砕・鋤き込み鎮圧する「心土粉砕」を同時に行えるのだ。

さらに、油圧ピストンを搭載したことで、運転中の耕深調整も容易に。特に、大規模農家での作業効率アップが期待されている。

また、丈夫なボディと残渣物が詰りにくい構造も大切なポイントだ。厳しい土壌を想定して開発されたディープチゼルは、手強い土地でもその力を発揮するという。土壌条件によって性能が左右されることなく、高速かつ均一な整地が望めるのが嬉しい。

ちなみに、開発したヒサルラー社も、実は、マヒンドラ社のグループ企業。元々は、建設機械部品のサプライヤーとして発展し、今ではトルコ有数の農業耕運機械メーカーとなったそうだ。そんなヒサルラー社のディープチゼルだが、日本市場への導入はこれが初めて。

グローバルな視点と強固なネットワークを持った三菱マヒンドラ農機だからこそ実現した、ディープチゼルの輸入販売。ぜひその威力を体感してみたい。

DATA

三菱マヒンドラ農機株式会社

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  4. 新規就農支援事業の増額に意味はあるのか? 日本農業の本当の弱点とは
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. 農業が嫌でたまらなかった……。 “農家の嫁”がキャリアを活かして活躍
  7. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  8. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  9. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル