再エネ・最新技術

オペレーションシステムでトラクターを使いこなす!

トラクターを使いこなすには、知識や経験が必要になる。そこで開発されたのが、オペレーションシステム「シーモス・フォー・トラクターズ」。設定が最適化されるよう自動でサポートしてくれるという。

処理能力と生産性を高める
トラクター用支援システム

現代のトラクターは高度で複雑な機能をいくつも備えており、これらを使いこなすには相応の知識や経験が必要だ。

そこで、独農業機械メーカーのクラース社は、トラクターや作業機械の設定を最適化するオペレーション支援システム「シーモス・フォー・トラクターズ」を開発。膨大な専門知識を網羅したデータベースをもとに、作業内容や土壌の状態などを考慮し、タッチスクリーンを通じてオペレーター と“対話”しながら、トラクターと作業機械の設定が最適化されるよう、自動でサポートする仕組みだ。

©CLAAS KGaA mbH

オペレーターの熟練度にかかわらずトラクターの処理能力を高め、作業コストの軽減につながるソリューションとして評価されている。

DATA

CLAAS


text:Yukiko Matsuoka

『AGRI JOURNAL』vol.7より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  2. 農家の頼れる相棒! クールな次世代『運搬車』5選
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  5. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
  6. 若者新規就農者が3年連続で2万人超 後継者不足は?
  7. 2018年度産から適用の「減反廃止」。農家への影響は?
  8. ハウスを積雪から守る支柱ユニットに、強度を上げた新タイプ追加
  9. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  10. 知っておきたい!雑草防除ギアの基礎知識【刈払機・草刈機編】
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.08 / ¥0
2018年7月9日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル