再エネ・最新技術

オペレーションシステムでトラクターを使いこなす!

トラクターを使いこなすには、知識や経験が必要になる。そこで開発されたのが、オペレーションシステム「シーモス・フォー・トラクターズ」。設定が最適化されるよう自動でサポートしてくれるという。

処理能力と生産性を高める
トラクター用支援システム

現代のトラクターは高度で複雑な機能をいくつも備えており、これらを使いこなすには相応の知識や経験が必要だ。

そこで、独農業機械メーカーのクラース社は、トラクターや作業機械の設定を最適化するオペレーション支援システム「シーモス・フォー・トラクターズ」を開発。膨大な専門知識を網羅したデータベースをもとに、作業内容や土壌の状態などを考慮し、タッチスクリーンを通じてオペレーター と“対話”しながら、トラクターと作業機械の設定が最適化されるよう、自動でサポートする仕組みだ。

©CLAAS KGaA mbH

オペレーターの熟練度にかかわらずトラクターの処理能力を高め、作業コストの軽減につながるソリューションとして評価されている。

DATA

CLAAS


text:Yukiko Matsuoka

『AGRI JOURNAL』vol.7より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.10 1/18(金)発行!
  2. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  5. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  6. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  7. 2018年度産から適用の「減反廃止」。農家への影響は?
  8. 太陽光パネル搭載! 電力コストを削減する「オール電化ハウス」とは?
  9. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  10. 農業版カーナビ「AgriBus-NAVI」が無料で使える!
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.10 / ¥0
2019年1月18日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル