生産者の取組み

震災で食べ物の大切さを痛感。茨城県4Hクラブ会長が語る”農業という仕事”への誇り

全国トップクラスの収穫量を誇る茨城県。新規就農者の受け入れ体制も整っているため、近年は就農する人が増加中だ。そんな農業大国・茨城県で、少量多品目栽培を行う「茨城県農業研究クラブ連絡協議会」の会長・込山槙一さんに、農業の魅力を語っていただいた。

メイン画像:笠間市を拠点に活動する「中央アグリクラブ」に所属し、「茨城県農業研究クラブ連絡協議会」の会長を務める込山槙一さん

収穫量日本一の作物も多数。
農業に最適な県、茨城

「茨城県は、大消費地である東京から、地理的に近い場所に位置します。また、平坦で広い土地があり、気候も比較的温和です。つまり、茨城県は、農業に向いている県なんです」。込山さんは、県内の農業についてこう説明する。

実際、県内の農産物の収穫量は多く、収穫量日本一を誇る品種も多々ある。

例えば、メロンやピーマン、レンコンなどがそうだ。また、こうした環境に惹かれ、都心などから茨城県に移り住み、農業をはじめる人が増えつつあるという。

込山さんの実家も、露地野菜を生産・販売する農家だ。学生時代より就農することを決めていたという込山さんは、大田市場などで修行した後、28歳で就農した。

現在は、父母とご自身の3人で、オクラやなす、ピーマン、ズッキーニなど、多種多様な作物を生産している。

「少量多品目を栽培しているのが、うちの最大の特徴です。年間で作っている作物を合計すると、40品目くらいになります。ほぼ毎日、何かしら収穫し、直売所に出荷していますね」と、込山さん。

込山さんが、少量多品目栽培を本格的にはじめたのは、およそ8年前のこと。

そのきっかけとなったのが、東日本大震災だという。

「震災の発生により、僕が住んでいる笠間市でも大きな被害がありました。一時期ではありましたが、停電し、さらには道路も寸断されてしまって。移動もできず、ライフラインも停止したなか、自分たちの畑で採れた野菜や果物を食べながら過ごしていました。

この間、とても怖い思いをしたので、“いざという時も食料を確保できるよう、毎日収穫できる形態に変えよう”と思ったんです」。

これと同時に、痛感したのは、食べ物の大切さ。また、人々の暮らしを支える農業という仕事にも、さらに誇りをもてるようになったと話す。



農業をアピールし
県の魅力を底上げするきっかけに

直売所で、その日収穫した野菜を並べていると、買い物客が待ってましたとばかりに野菜を手に取る。

「そんなシーンに恵まれると、本当にうれしくなりますね」と込山さん。

こうした農業の魅力を若手の農家志望者にも伝えるため、「茨城県農業研究クラブ連絡協議会」では、農業大学でのデモンストレーションを行なっているそう。もちろん、4Hクラブの存在をアピールするのも忘れない。

農業こそ、茨城県が誇る産業である、というのが込山さんの考えだ。“農業のPRをとおし、茨城県の魅力の底上げに貢献したい”と語る。

「実は茨城県は、『都道府県魅力度ランキング2019』で、7年連続で最下位となっています。県民たちが最下位であることに慣れつつあり、とくに解決法を考えていないように見える点も、少し気になりますね。

その反面、農業における収穫量は、全国でもトップクラスをキープしています。『魅力度ランキング』で最下位なのは不名誉なことですが、農業に関しては、誇れる部分が多々ある。県内外を問わず、農業の魅力をアピールしていきたいと思います」
 

PROFILE

 

込山槙一さん

1982年茨城県生まれ。露地野菜を手がける農家に生まれ、2013年に就農。就農とほぼ同時に「中央アグリクラブ」に加入し、2018年、2019年度ともに「茨城県農業研究クラブ連絡協議会」の会長を務める。

DATA

4Hクラブ(農業青年クラブ)


Text:Yoshiko Ogata

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. 食品事故のリスクを下げる! 農家が知っておくべき「一般衛生管理」と「HACCP」とは?
  6. 除草剤の散布量を9割削減、作業コストを3割軽減!? 自律走行型除草ロボットがスゴい
  7. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  8. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  9. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  10. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正