注目キーワード

生産者の取組み

地域の土地を活かした農業を! 福岡県4Hクラブ会長が語る目標とは

福岡県の中部に位置する飯塚市。市内で露地野菜を中心に育てながら、「福岡県4Hクラブ」の会長を務める大塚勝太郎さんは、生産物のブランド化を目指す気鋭の農家だ。4Hクラブに対する思いも強く、クラブ内でのさらなる活躍も期待できる。大塚さんに、4Hクラブの魅力や今後の方針などをお話いただいた。

メイン画像:「福岡県4Hクラブ」の会長・大塚勝太郎さん

消費者にいい印象を与えるため
本当においしい時期のみ出荷

市内の地形が盆地となっており、夏と冬、朝と晩の気温差が大きいことが、飯塚市の特徴だ。「福岡県4Hクラブ」の会長・大塚勝太郎さんは、こうした環境を生かしつつ、長ネギやキャベツ、キュウリなどを手がけている。

大塚さんは、農業大学と農業大学校で学んだのちの、2014年に就農。就農先は、おもに水稲や麦、キュウリを生産していた実家だ。

就農後、キュウリの栽培を手伝いつつ、レタスなど新たな品目の栽培を始めた大塚さんだが、やがて長ネギをメインに栽培するように。その理由をこう語る。

「市内の風土や土の状態も考慮すると、長野の生産地に勝てるレタスは作れないと思いました。4Hクラブのメンバーからアドバイスをもらうなどし、色々と調べたところ、長ネギであれば、この土地で良質なものが作れるとわかったので、思い切って長ネギの栽培にシフトしました」。

目指すのは、地域内で「おいしい長ネギの農家といえば、大塚さん」といわれるようになること。この目標を叶えるため、心がけていることがあるようだ。

「冬場のみ、長ネギを出荷するようにしています。年間を通して出荷することもできますが、長ネギの味わいがもっとも良くなるのは冬です。本当においしい時期だけ出荷し、消費者にいい印象を与えたいですね。また、季節限定にすることで、商品に“季節感”をもたせられると思います」。

現状、福岡の一般家庭では、長ネギよりも万能ネギのほうが多く食べられているそう。長ネギをブランド化し、地域に浸透させること、福岡の食文化に影響を与えることが、大塚さんの密かな夢だ。



大きな支えとなった
4Hクラブメンバーからの助言

就農前の2013年に、地元のクラブである「福岡県嘉穂地区4Hクラブ」に入ったという大塚さん。クラブに所属するメンバーの存在が、長ネギの栽培にシフトする際、大きな助けになったと話す。

「当初、長ネギがうまく育たず、悩んだことがありました。そこで、地元にいるベテランの農家にアドバイスを求めたんです。そうしたら、『気合が足りん』、『うまくいかない時もあるよ』と言われてしまって(笑)。参考になる話はほとんど聞けませんでしたね。

その後、4Hクラブのメンバーにも相談したら、親身になって色々と教えてくれました。4Hクラブのメンバーは、お互いに環境と境遇が似ている部分があります。また、多かれ少なかれ、就農後に苦労しているので、なぜ悩んでいるのか、どうしたら解決するのか、といったことを把握しやすいのでしょう」。

福岡県では、養蜂やお茶の栽培も盛んに行われている

現在、「福岡県4Hクラブ」では、「全国青年農業者会議」の予選となる大会や、民間のイベント会社とコラボレーションしての婚活パーティー、各種講演会といったイベントを行っている。

普段の業務と並行して、こうしたイベントを企画・開催するのは、たやすいことではない。時間と労力の両方が求められるのは確かだが、“4Hクラブで活動することのメリットは多い”と、大塚さんは話す。



「メンバーが一丸となって地域を盛り上げたり、一つの目標を達成したり、という経験から、得るものは大きいはずです。地域の人々との結びつきが強くなるのはもちろん、責任感が養われると思います。また、『全国青年農業者会議』のような全国規模のイベントへの参加をつうじ、視野が広くなります」。

4Hクラブで活動する人がさらに増えることが、大塚さんの願いだ。

「“地域の農家と交流し、息抜きしたい”など、ちょっとした動機で構わないので、ぜひ参加してほしいですね。色々な考えや経歴をもつ人が所属することで、4Hクラブはより面白くなると思うので。もちろん、やる気のある方は、バックアップします!」

PROFILE

大塚勝太郎さん
1991年福岡県生まれ。東海大学農学部と農業大学校で学んだのち、2014年に就農。2014年より「福岡県嘉穂地区4Hクラブ」に所属し、2019年4月に「福岡県4Hクラブ」の会長に就任。

DATA

4Hクラブ(農業青年クラブ)


Text:Yoshiko Ogata

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 【農家にオススメの副収入】ソーラーシェアリングが学べるセミナー開催
  3. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  4. 人気沸騰間違いなしの新製品が続々! 日本上陸を果たしたスマート農機に注目...
  5. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  6. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  7. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  8. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  9. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  10. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17 / ¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正