最新技術

除草剤の使用量が軽減!? 次世代農業レーザーシステム

ドイツの次世代農業のアイデアは、カメラを使って雑草を自動認識し、レーザーを照射することで雑草の生命力を減退させるという画期的なシステム。先進的なテクノロジーの実態とは?

雑草にレーザーを自動照射!
画期的な除草システム

独ボン大学の研究チームは、カメラを使って雑草を自動認識し、短パルスレーザーを照射することで雑草の生命力を減退させるという画期的なシステムを開発。2017年には、研究チームを中心にスタートアップ企業「エスカルダ」を設立し、このシステムを自律走行型のロボット車両やトラクターの付属品として実用化するべく、さらなる開発をすすめている。

このレーザー除草システムは、従来の除草作業を省力化し、除草剤の使用量を大幅に軽減できるのが利点。環境にやさしい持続可能な農業の実現につながる先進的なテクノロジーとして期待が寄せられている。

問い合わせ

www.escarda.net



text: Yukiko Matsuoka

『AGRI JOURNAL』vol.6より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  3. 除草剤の散布量を9割削減、作業コストを3割軽減!? 自律走行型除草ロボットがスゴい
  4. 食品事故のリスクを下げる! 農家が知っておくべき「一般衛生管理」と「HACCP」とは?
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
  8. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  9. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  10. 高糖度トマトが高可販果率で生産できる! 農家の勘に頼らないAIによる灌水制御とは

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正