再エネ・最新技術

驚愕! 米発の世界最大級の屋内農場現る!?

アメリカで登場した都市型農場。気候や土壌、季節にも関係なく様々な食料の栽培が可能になる。そんな夢のような農場とは一体……?

省エネで野菜を栽培できる
世界最大級の屋内農場

米エアロファームズ社は、ニュージャージー州に世界最大級の屋内農場を建設。

LED照明により、光合成の効率を最大化しながら、エネルギー消費を最小限にとどめ、土を使わない水中栽培によって、消費水量を従来よりも95%軽減しているのが特徴だ。

このような都市型農場ソリューションによって、気候や土壌、時期を選ばず、食料の栽培が可能になると期待されている。


※『AGRI JOURNAL』vol.1より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 低コストなのに耐候性バッチリ! 台風にも負けない新型ビニールハウスが登場
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. 農家の収入を守る「収入保険」、2019年1月スタートの申込期限は12月末まで!
  5. 野菜が持っている力を最大限に引き出す! “畑まるごと堆肥化農法”とは?
  6. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  7. 美味しさだけでは売れない!? 差別化につながる「ブランド米戦略」とは
  8. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  9. 山田杏奈&大友花恋 “新米姉妹”がつなぐ食のバトン
  10. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル