「スマート農業」の検索結果

ヤマハ発動機の農業用ドローン「YMR-08」が、「天晴れ」「Crop Spec」「アグリノート」との連携を発表。ドローンでの農薬散布・施肥作業が、より高効率・高精度なものとなる。

ヤマハ農業用ドローンがあの4商品と連携! 専用アプリをリリース

NTT東日本の「ギガらくWi-Fi IoTサポートオプション 農業タイプ」は、専用のセンサーとカメラで圃場の様子をチェックできる遠隔監視システムだ。同社ならではのサポート体制も充実しており、安心して導入することができる。業界が注目するサービスの魅力とは?

NTT東日本が「遠隔監視」で農家を強力支援! 徹底的なサポート体制!

AIやドローンの活用によって減農薬で生産する「スマート米」に続き、新たに「スマート玄米」の販売が開始された。プロジェクトを行う「スマート農業アライアンス」への参加団体は1000件を突破。無償で先端技術を使った生産を試し販売できると、参加農家も増加中だ。

「スマート米」に続き「スマート玄米」販売開始! 参加農家も募集

産業用として実用化が進んだドローンだが、いよいよ農業用途でも盛り上がり始めている。実証実験が多数行われているほか、新しい機体も登場。一部では商業利用も始まっている。ここでは、そんな農業用ドローンの現状をお伝えしよう。

農業用ドローン、どう使う? スマート農業に欠かせないセンシング技術

農業にICTを導入すれば、作業効率を飛躍的にアップすると同時に、人為的なミスによるロスなども減り、ひいては収益アップにつながる。万人に使いやすい家電を開発してきたパナソニックの「栽培ナビ」は、デジタル機器が苦手な人にもオススメだ。

デジタル機器が苦手な人でも! 「ICT活用」に最適なツールはコレだ!

『お金をかけずに生産物の知名度を高めたい…SNSはどう使うと効果的?」『上手くいっている人は何をしたの?成功事例を聞きたい』……そんな悩みを抱える全国の次世代農家のためのイベント「農商工連携・6次産業化 全国フォーラム」が開催される。

SNSやIT活用が学べるチャンス! 次世代農家向け無料イベントが開催

スウェーデンに本社を構えるハスクバーナは、325年の歴史を誇る老舗メーカーで、1995年に世界初の「ロボット芝刈機」を発売した。現在も世界で最も売れている「Automower(オートモア)」シリーズに、普及モデルを新たに投入し、販路拡大を狙う。

自動で芝を刈ってくれる「ロボット芝刈機」に低価格モデルが登場!

農林水産省が発表した平成31年度概算要求額は、平成30年度当初予算と比べて18%増の2.7兆円となった。技術発展の著しいロボット・AI・IoT等の先端技術を活用した「スマート農業」に50億円を充て、加速化していく。

農水省、全国50ヶ所に計50億円を投じて「スマート農業」の実現を加速

近年、IT分野において急成長を遂げている中国。今年6月には、あらゆる営農形態に応用できる画期的な農業用モニタリングシステムが開発された。すでに導入実績もあるようだが、その実力は?

中国大手IT企業が開発! AIを活用した農業用モニタリングシステム

農業機械のスマート化は、実際どこまで進んでいるのだろうか? 「自動運転」や「無人化」といったワードが注目されているが、2018年の現状と未来について、本分野研究における第一人者である北海道大学・野口伸教授にお話を伺った。

無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始

1 2 3 4

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. 農家の声から生まれたワークウェア、クラウドファンディングを開始!
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  6. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  7. 【事例紹介】農福連携~企業・福祉施設・行政の取り組み
  8. 暑さに負けないトマトを作るには? ハウス栽培は「白色資材」に注目!
  9. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.11 / ¥0
2019年4月15日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル