「スマート農業」の検索結果

ドイツの次世代農業のアイデアは、カメラを使って雑草を自動認識し、レーザーを照射することで雑草の生命力を減退させるという画期的なシステム。先進的なテクノロジーの実態とは?

除草剤の使用量が軽減!? 次世代農業レーザーシステム

農業機械の分野で初めて、複数の小型ロボットを応用するシステム「MARS」。軽量で昼夜も問わず稼働することができるというロボットを紹介しよう。

ロボットの群れが自動で条播き!? 最新システムとは

イタリアの次世代農業のアイデアは、ハチの巣から着想したモジュール式の自動屋内農場システム。限られたスペースを最大限に活用できるよう工夫された、機能性抜群な六角形デザインとは?

まるで蜂の巣!? イタリア発のモジュール式自動屋内農場システム

JGAP認証を取得するには、GAP(農業生産工程管理)を基準通りに行うことが必要だ。クラウド上で作業の記録・共有ができ、管理が楽になるイチオシサービスをご紹介。

JGAP認証を取得したい人必見!取得をしやすくなるイチオシサービスって?

水管理が難しく作業時間が長い稲作では、それらの負荷が原因でこれまで規模拡大が難しいとされてきた。作業時間を大幅に省力化できる、ICTを活用した稲作の水管理システムの商品が今年1月22日に発売された。

ICTで水田の灌水を自動化! 次世代の水管理システム

農薬散布に使われる産業用無人ヘリだが、代わりにドローンを使った農薬散布を行うことで、機体コストや労働負担をさらに低減するための動きが広まっている。

これからの農薬散布は「ドローン」が主流に!?

「全国デジタル土壌図」をご存知だろうか? ウェブで簡単に、全国の土壌の性質や分布がわかるという。その年の農業トピックが分かる、農水省の「2017年農業技術10大ニュース」のひとつとしても選定されたこの土壌図、どんなメリットがあるの? 

250万アクセス超!全国の農耕地,林野土壌図が無償で

近年、新しいテクノロジーが続々と登場し、世界規模で農業の可能性が拡大している。今回はスウェーデン発のネットとリアルを融合した農作物販売システムをご紹介する。

北欧発!ネット×リアル 新しい農作物販売システム

いま農業のコミュニティが進化し、多様なかたちで登場している。農業の再生や地域の活性化を目指し、それぞれの課題を解決させながら、さらに都市生活者を巻き込んだ取り組みへと動き出しているのだ。今回は、無理なく、地域を越えて支え合う楽天運営の現代版のCSAサービスをご紹介する。

補償付きのCSA!?楽天が送り出す現代の地域支援型農業

様々な分野のテクノロジーが農業分野に適用される昨今。高収益を謳うシステムやサービスは少なくない。だが、その導入コストは決して少なくなく、中小規模農家にとって高いハードルだ。そんな障害を乗り越えるべく開発された、新しいサービスをご紹介しよう。

養液土耕+クラウドで低コストで高収益を実現!?

1 6 7 8 9 10

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. あれ、切れてない……? を防ぐために。チェンソーを使ったら必ず行うべき”目立て”のやり方
  3. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  4. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  5. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  6. 「”いのちのてざわり”を体験してほしい」音楽家・小林武史が見出した農業の可能性とは
  7. 若者新規就農者が3年連続で2万人超 後継者不足は?
  8. 農閑期の今だから挑戦したい! チェンソーを使った”薪づくり”
  9. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  10. 病気を防ぎ、効率的なイチゴ育苗へ! 革新的なトレイ“カタツムリポット”がスゴイ!
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正