注目キーワード

道工具・資材

除草剤の散布を効率化! 小型無人ボート『TB02』がグッドデザイン賞を受賞

産業用小型無人ボートが、UAV(無人航空機)分野初となる2019年グッドデザイン賞を受賞した。水田での除草剤散布の相棒として、今後ますます注目されそうだ。

無人ボートの遠隔操作で
除草剤散布の負担を大幅に軽減

日本の農業は高齢化が進み、後継者不足は常に問題視されている。農作業の中でも、特に除草剤の散布作業は体力的な負担が大きい。

水田での散布において、ドローンなどと共に注目されているのが、産業用無人農薬散布ボート。免許や資格が不要のため、導入へのハードルが低いのが特徴だ。

無人航空機の機体プランニングや制作・メンテナンスサポートを行うTEAD株式会社は、スマート農業の一翼を担う産業用小型無人ボート『TB02』を開発し、2019年グッドデザイン賞を受賞した。


産業用小型無人ボート『TB02』

同機は8kg(本体重量)と軽く、コンパクトで、ワンオペレーションでの運用が可能。水田の上を滑るように走行して散布作業を自動化(遠隔操作化または自律航行化)する。直進安定性と旋回性能の高さを実現したデザインで、若い世代はもちろん、高齢の方でも操作しやすいのも特長だ。

農家の新しい相棒として、今後広まりを見せそうだ。

※ 現段階で販売をするのは遠隔操作モデルのみ

<製品概要>
産業用小型無人ボート『TB02』
発売予定:2019年12月
価格:750,000円 (遠隔操作モデル予価)
寸法:L1250×W718×H638
稼動時間:15分
タンク容量:5L
本体重量:8kg
散布幅:10m(自己拡散)
バッテリー:Lipo 6S
作業効率:フロアブル剤10a(1反)/24秒 15km/h 運航時

問い合わせ

TEAD株式会社



関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 生産者と農業関連企業がオンラインで繋がる! 業界初となるオンライン展示会が開催中...
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  5. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. 太陽光発電を活用し、天候や昼夜を問わず種まきと除草を自動化できる自走式ロボットとは?...
  8. 無農薬・減農薬でも規模拡大! お米の高付加価値化を実現する若手農家のノウハウに迫る...
  9. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  10. 今からでも遅くない除草アイテム! 腰痛対策に抜群なカインズの草刈り鎌...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.16 / ¥0
2020年7月30日発行

お詫びと訂正