「農業機械」の検索結果

農研機構は、宮崎県や熊本県らとともに、加工・業務用ホウレンソウの機械収獲体系を構築。従来と比べて、収穫作業時間を1/5~1/10に短縮し、さらに生産コストも削減したという。

収穫時間を10分の1に短縮! 農研機構が「中小規模生産者向け」新方式

細長くやわらかいニラは、計量・結束作業に手間がかかる。この作業を効率化し、さらに歩留まり改善にも有効なのが、イシダの「組み合わせ計量結束機」だ。

ニラ出荷の歩留まり改善に効果的な「組み合わせ計量機」

"次世代農業トレンド"の一つとして、目覚ましい進化を遂げている農業機械分野。自動運転や無人化がキーワードとなっているが、新たにトラクターを購入すると少々値が張る。そこで注目したいのが「自動操舵システム」だ。今使っている農機に取り付けるだけで、農作業がグッと快適になる。

手持ちの農機を「自動操縦化」!? 旋回にも対応した新システムが登場

複数企業間の連携で、アグリテックは加速していく。全国各地で進むプロジェクトから、注目の取り組みをピックアップ! ここからどんなサービスや製品が生まれるのか? 8つの取り組みを2回に分けてご紹介する(前編)。

収穫ロボットや農機の開発も!? 今注目したい「最新アグリテック」

手強い雑草。刈り取るのもいいが、広い範囲で効率よく取り除きたいなら、除草剤を使うのがおすすめだ。狙った場所に必要な分だけ。この夏、職人並みの仕事をこなす噴霧器を手に入れよう。

職人並みの仕事をこなす 超便利な噴霧・散布機5選!

糖度計はこれまで、センサー部分に果汁を垂らして甘さを測る方法が一般的だったが、最近は"光センサー"による計測がトレンドになってきている。大切な商品をキズつけることなく、簡単に品質管理ができる新モデルを早速チェック!

アタゴ糖度計、新モデルは”光センサー”で計測可能に

農機にも、自動運転の時代がやって来ている。今回クボタが発表したのは、オペレータが搭乗した状態で、自動運転による稲・麦の収穫作業を可能にした「アグリロボコンバイン」。高精度、高効率、低労力!まさに次世代の農機をご紹介しよう。

業界初の自動運転機能つきコンバインがスゴイ!作業が効率化する4つのポイント

ヤンマーが創業100周年記念事業の一環として、家族で楽しめるミュージアムを滋賀県長浜市に開設した。ワークショップでは、農業体験や地元の食材を使った料理教室も。ヤンマーミュージアムの魅力を紹介!

親子で料理・農業体験できる!ヤンマーミュージアムの魅力って?

「こがる」の愛称で30年以上に渡って広く愛用されているハスクバーナ・ゼノアのトップハンドルチェンソー「こがるシリーズ」から、クラス最強の「ハイパーこがる」がいよいよ登場。どれほどパワフルになったか、その操作性と切れ味をレポート!

見た目は可愛いが、実はスゴイ。超小型チェンソー

歩行型・ 乗用型草刈機で国内シェアNo.1を誇るオーレック。直営店はブランドの発信拠点としてだけでなく、農機販売店の営業サポートや地域交流イベントの場にもなっている。グッドデザイン賞も受賞した、おしゃれなショールームを紹介しよう。

オシャレすぎ!国内NO.1メーカーの草刈機ショールーム

1 2 3 4

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 農閑期の今だから挑戦したい! チェンソーを使った”薪づくり”
  3. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  4. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  5. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  6. あれ、切れてない……? を防ぐために。チェンソーを使ったら必ず行うべき”目立て”のやり方
  7. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  8. 「”いのちのてざわり”を体験してほしい」音楽家・小林武史が見出した農業の可能性とは
  9. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  10. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正