注目キーワード

道工具・資材

オーレックから待望の小型ラジコン草刈機が発売! 斜面に強い設計で走破性バツグン

農業従事者にとって、除草作業は負担が大きい作業だ。加えて、斜面の多い場所での作業が必要な水田畦畔や果樹園では、危険や負担がさらに大きくなる。そんな場所での作業を効率化できる小型ラジコン草刈機がオーレックから発売された。

最大法面角度、45度まで対応!
斜面の除草を可能にした小型ラジコン

斜面の多い中山間地域の水田畦畔や果樹園において、除草作業は作業者が斜面に立って作業する必要があり、危険や負担の大きい作業だ。そのような背景から、大型機械が進入できない場所や、凸凹や段差が多い場所、斜面が急な場所でも導入できる、軽労力かつ省力化を実現する草刈機が必要とされている。


エンジン始動から車体の向き、速度や刈高などの微調整はすべてコントローラーから操作できる。

今年6月にオーレックが発売したのは、そんなニーズに応えるために開発が進められていた製品だ。同社初となる小型のラジコン草刈機「スパイダーモアーRC」は、走破性・安定性に優れるクローラーを採用。軟弱地や障害物が多い地面でも抜群の駆動力を発揮し、独自のY字型ラグで斜面でも地面を掴んで横滑りを防ぐ。

また、注目は最大法面角度45度までの作業に対応する「傾斜アシスト機能」。斜面で使用する際にコントローラーの「傾斜アシストダイヤル」を回せば、自動で山側(上側)のクローラー回転数を谷側(下側)に比べ少なくし、車体を押し上げて直進をアシストしてくれる。

 

 


低重心に設計することで、幹が垂れ下がった果樹園など、多くの環境下での作業が可能。

これまで作業負担の大きかった除草作業を、日陰や安定した場所から安全に行えるようになる、オーレックの細やかな技術が活きる新製品だ。

SPEC

スパイダーモアー RC
RCSP530

価格:129万8000円(税込)
サイズ:全長97×全幅91.5×高さ58cm
総重量:138kg
最大傾斜角:45度

問い合わせ

株式会社オーレック
TEL:0943-32-5002


AGRI JOURNAL vol.24(2022年夏号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. 「環境に優しい」と「儲かる」は両立できる? 農業AIブレーン『e-kakashi』に迫る...
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  5. 【農業weekレポート】自動走行車から環境に配慮した資材まで、最新の農業製品が続々登場!...
  6. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  7. サカタのタネの”推し品種”の野菜は?3年ぶりにリアル開催した商談会をレポート...
  8. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  9. この20年で農業は”こう”変わった。農業経営がしやすい時代はやってきたのか?...
  10. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正