「AI」の検索結果

ハウス内環境を見える化するサービスに、病害予測機能を搭載した、設置が簡単で使いやすい『プランテクト』。その実力を測るべく、農家さんに本製品を試していただく本企画。後編となる今回は、実際に使用した感想をお伝えしよう。

スマート農業入門の決定版! 病害予測機能搭載のモニタリングツールを試してみた【結果編】

世界ではどのような技術が開発されているのだろうか。スペインでは、世界初の鶏舎向け自立型スマートモニタリングロボットが登場している。先進的なソリューションとして注目されている技術を紹介。

これぞ“スマート畜産” スペイン発、世界初の鶏舎向けモニタリングロボットって?

2025~2030年、タンパク質の供給量が需要に追いつかなくなる「タンパク質危機」の可能性がある事が専門家から報告されている。最大級の食料産業である「養豚」も例外ではない。その未来を新たにすべく、11月29日(イイニクの日)、3社協業による「養豚自動化プロジェクト」がスタート。その仕組みとは。

忍び寄るタンパク質危機! 農学×テクノロジーで“養豚自動化”実証へ

ハウス内環境を見える化するサービスに、病害予測機能を搭載した設置が簡単で使いやすい『プランテクト』。その真の実力を測るべく、青森県の農家さんに自分で設置して使用できるのか、試していただいたレポートをお届けしよう。

スマート農業の入門に最適! 病害予測機能搭載のモニタリングツールを試してみた【導入編】

株式会社NTTデータが、AIと画像解析技術を組み合わせたサービス『生育診断ソリューション』『病害虫・雑草診断ソリューション』の試行を実施! 2つのツールを使ってできることとは?

AIと画像解析でスマート農業化! NTTデータが新たな試行サービスを開始

ハウス栽培で高品質な作物を育てるには、潅水の「タイミング」と「適切な量」を見極めることが大切。とはいえ、限られた時間の中で、観察や判断に長い時間費やすのは難しい。そこでおすすめなのが、AIを活用した自動潅水システムだ。

ハウス栽培の強い味方! 成長に合わせて自動潅水するAIシステムって?

農家の働き方を改善してくれる、今年注目のAIシステム&ロボットをご紹介! 最新技術を活用すれば、農業の未来が大きく変わりそうだ。

“完全自動化農場”も……!? 国内外の最新「AIシステム&ロボット」9選

ニュージーランドで新たなアグリテックが開発された。アマゾンのスマートスピーカー「Amazon Echo」に話しかけながら農作業が進められるシステムだ。AIとの連携によって、どんなことができるのだろう?

「アレクサ、土のpH値は?」 会話できるアグリテックが誕生!

近年、ICT技術やスマート農業の推進により、作物の生産管理における様々なシステムが増えているが、今回新たに『AIによる病害虫診断システム』がリリースされたという。無料で誰でも簡単に利用できる、最新サービスの使い方や魅力を紹介!

農作物の病害虫をAIが診断! 国内初のシステム誕生

日本農業は高齢化と農業従事者の減少により、深刻な労働力不足に陥っている。国を挙げた取り組みに期待が掛かっている一方で、個人の農家が果敢にも最新技術を用いて、作業の自動化に挑んでいる。

きゅうり農家が、AI搭載の自動選果機を作ってみた

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. 新規就農支援事業の増額に意味はあるのか? 日本農業の本当の弱点とは
  4. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  7. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  8. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新冬号1/27(月)発行!
  9. 世界初! 光合成をリアルタイムで計測する「光合成計測システム」は何が凄い?
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正