注目キーワード

「SDGs」の検索結果

被覆肥料を使っている稲作農業者であれば一度は「こんなにゴミを出し続けて良いのか」と不安を感じたことがあるのではないだろうか。マイクロプラスチックを出さず、被覆肥料に負けない収量を確保できる技術を紹介しよう。

マイクロプラスチックを出さない農業へ! 『ペースト2段施肥』を活用した実証が進行中

2021年夏、生乳・牛肉・鶏卵という3項目の有機認証を取得した北海道・十勝の鈴木牧場。慣行農業から循環型農業へと転換し、アニマルウェルフェアに配慮した酪農に取り組む4代目・鈴木敏文さんに話をうかがった。

アニマルウェルフェアに配慮した循環型酪農へ。有機認証取得の鈴木牧場が目指すもの

“サステナブルなJA”を目指して、幅広な視点からの解決すべき課題を中央大学教授の杉浦宣彦氏に聞く連載。今回は、10月29日に行われた第29回JA全国大会を踏まえ、JAの現状と抱える問題や方向性を伺った。

これからの3年間、JAは何を目指すのか? 解決すべき課題とは

農業・環境・買手にも嬉しい、海外の最新ソリューションを紹介。イスラエルでは食品ロスの削減に貢献する、青果物向け特殊コーティング剤の開発が進んでいる。

食品ロスの削減に! 植物由来で安全な青果物向け食用コーティング剤

『AGRI JOURNAL』最新秋号、10/13(水)より全国で順次配布開始。電子版配信中!

フリーマガジン「アグリジャーナル」最新秋号10/13(水)発行!

アキレスと聞けば、多くの農業生産者は“農ビ”を思い浮かべるだろう。だが、アキレスの魅力的な製品は“農ビ”だけではない。日本農業に長らく貢献しているアキレスが現在と未来に向けて開発した製品を紹介しよう。

作業効率化と暑さ対策にはこれだ! 「日本農業の今と未来」を支えるアキレスの2製品

元銀行マンにとって農業はベンチャーを志向する選択肢の一つだった。農業をビジネスとして成功させる過程において重要となった、SDGsの取り組みと「アグリーフ」に迫った。

暖房排ガスを再利用するCO2供給装置とは? 銀行出身トマト農園後継者の選択

佐賀県佐賀市では、地域の廃棄物をバイオマス資源として活用し、農業をはじめとした産業を発展させる取組みを進めている。資源循環による持続可能な産業づくりをテーマに、2021年3月19日にオンラインセミナーを開催した。

資源循環で農業の持続可能性を支える!”バイオマス産業都市” 佐賀市の取組みとは?

自治体から生まれるエネルギーと、持続可能な農業発展を組み合わせ最先端の取組みを行う佐賀県佐賀市。熱、CO2、電気など、様々なエネルギーをリサイクルするという資源循環をテーマに佐賀市が見据える未来を解き明かすセミナーが開催される。

農業×環境保護、農業×教育、農業×IT…様々なモデルケースから学ぶ持続可能な農業

西日本最大の畜産・農業の総合展「関西 農業Week」が2021年2月24日(水)から3日間、インテックス大阪にて開催される。オンライン来場も可能、最新トピックを扱ったセミナーを会期中毎日開催する。農業従事者が見ておきたい本展の見どころを紹介!

農業・畜産のあらゆる課題解決に挑む! 200社のアイデアが「関西 農業Week」に集結

1 2 3

特集企画

アクセスランキング

  1. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. 進化が止まらない!個性豊かな「2022年おすすめトマト品種」
  4. 運転をラク&作業効率UP!トラクター自動化製品まとめ【直進アシスト編】...
  5. バイオスティミュラントの最新動向と基礎知識を学べる! 協議会がセミナー開催...
  6. 農業に役立つアイテムを抽選でプレゼント! 応募受付は2022/9/25まで!
  7. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  8. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  9. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  10. 足利トマト農家が一丸となり作った地域ブランド、 背景に赤熟もぎりの『王様トマト』。...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.24|¥0
2022/7/20発行

お詫びと訂正