注目キーワード

政策・マーケット

小泉進次郎が語る! 農業は、“最強の第一次産業”

5月24日(水)に開催された農業サミット「アグサム」で行われた、小泉進次郎氏への取材の様子の一部を動画で紹介! 未来の農業への熱い思いを語ってくれました。

農業こそ“最強の第一次産業”
支えるのは若い世代

新しいテクノロジーやその進化によって、今後どのような世の中になっていくかは誰にもわからない。しかし、その中でわかっている未来もあると小泉氏は言う。それは「人は食べなきゃ生きていけない!」ということだ。

 

 

これは現在の若者がふたたび農業に目を向け始めている1つの理由でもある。

「人が食べ物を得られるのは、作物を育てている農家、魚を取っている漁師、山を守っている林業家がいるからです。農業は、“最強の第一次 産業”であり、今後絶対置き換わることのない、夢のある世界なんです」(小泉氏)。

実際に、2030年には今の職業の半分は置き変わると言われている。しかし、農業がなくなることは決してない。こんな不安定な時代だからこそ、多くの人たちはその将来を見据えて、農業に可能性を感じているのではないだろうか。

「政治家は食べ物を作れないけど、農家は食べ物を作れる。こんなに強い最強な仕事はない」(小泉氏)。

先月開催された農業就職フェア「Agric2018」に参加していた大学院生も語っていたが「農業関係の仕事に就いて、農業の活性化に貢献したい」と考える若者は増えてきている。

これからの農業を支えていくのは若い世代だ。新しいアイデアやソリューション、AIやIoTの技術やサービスなど、現代だからこそ活用でき、支えとなるものもある。

アグリジャーナルでは、すでに各地で始まっている「最強の第一次産業」への取り組みを、引き続きレポートしていく。

関連記事

2016/10/28 | 政策・マーケット

新規就農者が増える2大メソッド

特集企画

アクセスランキング

  1. 2時間で“スマート農業の将来”がわかる! 無料のオンライン報告会が開催...
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. いま考えよう! 水稲農業のこれから《水稲サミットオンライン》1/22(金)緊急開催...
  4. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  5. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  6. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  7. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  8. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  9. 防除や収穫・データ収集まで自動化! ノルウェー発農業用モジュール型ロボット...
  10. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17|¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正