注目キーワード

政策・マーケット

最新版! 農水省発表の野菜の生育・価格動向

秋から冬にかけての悪天候や寒波の影響で、野菜の高騰が続いているが、改善の兆しはあるのか? 農林水産省が、東京都中央卸売市場に出荷される野菜の主産地等から行った聞き取り調査から、生育状況及び価格見通し(平成30年3月)についての最新動向を紹介する。

現在の生育状況

根菜類(だいこん及びにんじん)

だいこんは生育期間を通じた低温により、平年よりも小ぶりに。
にんじんは10月の長雨や日照不足で平年より小ぶりとなったものの、回復傾向。

葉茎菜類(はくさい、キャベツ等)

はくさい及びキャベツは、低温により小玉傾向。
レタス及びほうれんそうは、低温により小型傾向にあるものの、回復傾向。
ねぎの生育は平年並み。

果菜類(きゅうり、なす等)

生育は平年並み。

土物類(ばれいしょ、さといも及びたまねぎ)

ばれいしょの生育は平年並み。
さといも及びたまねぎは、貯蔵ものの出荷期間。

 

今後の生育、出荷及び価格見通し

やはり秋から冬にかけての天候不順の影響は大きく、全体的に高値傾向ではあるが、多くの野菜が3月後半には平年並みに戻るという見通しだ。
一部の野菜の今後の動向予想は以下の通り。

だいこん

3月前半は高値水準で推移。3月後半は高値ではあるが、3月前半の水準からは回復。

キャベツ

3月前半・後半ともに高値水準で推移。

レタス

3月前半は高値水準で推移。3月後半は平年並みに戻る。

ほうれんそう

3月前半は平年並みに戻る。3月後半は平年並みで推移。

ばれいしょ・さといも・たまねぎ

3月前半・後半ともに平年並みで推移。

 


詳しいデータは農林水産省ページ

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. 課題にあわせた肥料を提供! データ分析であなた専用の処方箋が得られるウェブサービス...
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  5. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  6. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  7. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  8. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  9. 太陽光に近い光だから良く育つ! 観葉植物用で大人気のLEDライトにプロ仕様が追加!...
  10. “食料自給率”を上げるのは誰? 生産者の努力だけで自給率は上がらない...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.21|¥0
2021/10/13発行

お詫びと訂正