政策・マーケット

農水省が肥料や農薬の価格調査、販売店によっては2倍以上の値段差も

農林水産省が、国内外の農業資材価格についての調査結果を公表。肥料や農薬の価格は、販売店によって大きな値段差があることが明らかになった。また、海外の資材価格は、日本よりも総じて安価だという。

ほとんどの主要銘柄で
販売店ごとに大きな差

農林水産省が「国内外における農業資材の供給の状況に関する調査」を実施し、調査結果を公表した。調査は大きく2つに分けられており、まず1つ目が「国内の農業資材の販売価格」、2つ目が「海外(アメリカ、イタリア、韓国)の農業資材供給」となっている。

国内の調査では、担い手が利用している資材販売店約480店舗に調査票を郵送し、肥料・農薬・農業機械・配合飼料などの販売価格(割引セールなどは含まない通常の販売価格)について調査。約320店舗から回答が寄せられた。

肥料については、単肥・化成肥料・緩効性肥料の主な銘柄を調査。いずれも販売価格に大きな幅があることがわかった。例えば、単肥の「石灰窒素(粒)」は20kgの通常価格が1,900~4,258円と、最も安い店と最も高い店の間では2倍以上の値段差が見られた(平均価格は3,019円)。

農薬については、除草剤・殺虫剤・殺菌剤の主要銘柄を調査。肥料と同様に、販売店によって大きな価格差があった。

農業機械と、配合飼料の調査結果は、下表の通り。農機については、トラクターの100~140馬力クラスや、コンバインのメーカー希望小売価格に幅がある。また、配合飼料はすべての畜種で大きな価格差が見られた。

これを機に、自社の仕入れ価格を見直してみるのもいいかもしれない。

海外の農業資材価格は
日本よりも総じて安価

一方、海外の農業資材価格調査では、アメリカ・イタリア・韓国を対象とした。アメリカとイタリアは水稲の栽培が盛んなためで、韓国は前回からの継続調査となる。

ただしアメリカとイタリアは、稲作経営者の平均作付面積がそれぞれ約230ha、約54haと、日本の約2haと比べて非常に大きい。それに伴い、農業資材の市場規模も日本よりも大きいため、環境や条件が異なることに留意が必要だ。それを踏まえたうえで、各国の資材価格を日本と比較したものが以下の表となっている。

アメリカとイタリアは、日本よりもすべてにおいて安価となっている。韓国も、一部の農薬を除いて、総じて安価となっており、日本の資材価格がこれらの国よりも高いことが明らかになった。

出典:農業競争力強化支援法に基づく施行1年後調査の公表について(農林水産省)

 

DATA

農林水産省

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 農家の新しいつながりを作る!  プラットフォーム6選
  3. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  4. 【農家必見】夏の次世代農業体験プロジェクト! 参加メンバー募集!
  5. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  6. 【特別対談】誠和×ノーリツの異業種コラボ! 『真呼吸』が農業の今後を変える?
  7. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  8. 夏の雑草対策に!最新雑草防除ギア7選【刈払機・草刈機編】
  9. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  10. 「無人での完全自律走行」が実用化!? 2020年、スマート農機は大きく進化する

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.12 / ¥0
2019年7月16日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル