政策・マーケット

農業のSaaSシステム「AGRIOS生産性管理」にフリープラン登場! 無料で全機能が利用可能に

農業のSaaSシステム「AGRIOS(アグリオーエス)生産性管理」が料金プランをリニューアルし、新たにフリープラン(無料)が設定された。フリープランでもアプリ内のすべての機能を利用できるという。同システムの利用拡大を目的としている。

「AGRIOS(アグリオーエス)生産性管理」とは?

農業生産管理システムの「AGRIOS(アグリオーエス)生産性管理」を提供する、株式会社ファームオーエスの代表取締役・井出寿利氏は、自らがトマトを生産する農業生産法人の経営者でもある。

農業生産法人を経営している中で、規模拡大に伴う雇用や社員教育の難しさに直面した井出氏は、それらの課題を解決するソリューションとして農業のSaaSシステムAGRIOS生産性管理を2019年2月15日にリリースした。

同システムでは、面倒な生産管理をスマホからクラウド上で簡単に行えるだけでなく、入力したデータが自動でグラフ化され、圃場別の収穫量を表示したり、日・週・月ごとに圃場別の収穫実績を集計したりできる。システムは個人事業主から大規模法人までに対応し、スタッフ間で簡単かつリアルタイムにデータを共有できるのが特徴だ。

農作業に関するデータを収集・分析して収量や農業経営、生産性の向上に役立てることができる。また、目標や実際の数値を従業員と共有することで、経営者と従業員、従業員同士のチームワーク向上にも期待できる。



フリープランでも全機能が利用できる

株式会社ファームオーエスは、同システムをより多くの農業生産者に利用してもらえるよう、2019年8月15日に料金プランのリニューアルを行った。フリープラン(無料)の他、有料プランと助成金を活用できる働き方改革プランの3プランでサービスを提供する。

フリープランは、農園アカウントを1つとスタッフアカウントを2つまで、作型登録は累計5作まで登録可能で、すべての機能を無料で利用できる。初めての人でも安心して利用できるよう、オンラインサポートも付いている。

有料プランは農園アカウント1つ3,980円、スタッフアカウントは1アカウントごとに1,000円を月額で支払う。作型登録は無制限で広告が非表示になり、電話サポートも受けられる。

働き方改革プランは、厚生労働省が実施している「時間外労働党改善助成金(職場意識改革コース)」などの助成金を活用できるプランだ。月額利用料は有料プランと同額だが、別途初期費用がかかる。働き方改革プランの初期費用はケースによって異なる。

DATA

AGRIOS生産性管理

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  4. 新規就農支援事業の増額に意味はあるのか? 日本農業の本当の弱点とは
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  7. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  8. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  9. アイメック農法で高糖度トマトの生産ができる!? 農業女子のミニトマトが売れる理由
  10. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正