就農

農業の人手不足が深刻化する群馬、JAが人材確保へ!

農業は常に人手不足だ。農業経営者として優秀な人材を確保する必要があるが、いざ募集をかけようとなると費用がかかるし、手続きも煩雑そう。販売農家数が5年間で20%も減少し、農業従事者の高齢化問題を抱えている群馬県では、これら課題を解決するために画期的な取り組みが始められている。

担い手支援を行うも
農業人材不足は深刻化

豚、生乳、キャベツ、鶏卵、きゅうり、米、肉用牛、こんにゃくいも、ほうれんそう、なす。群馬県の農業算出額の上位品目だ。これらを栽培する総農家数は50,084戸、うち販売農家数は25,520戸となっており、5年前と比較すると販売農家は20%も減少している(平成27年調べ)。

さらに、農業従事者の高齢化も進行中だ。担い手支援として、「ぐんま農業女子~Magazine~」作成や農業女子と交流する「ぐんま農業体験ツアー」、「新規就農ポータルサイト」などの取り組みも行われているが、まだまだ農業人材の確保は深刻な課題となっている。

こうした課題に対応するため、JAグループ群馬と株式会社 Life Labが、農林水産・アグリビジネス業界専門の求人情報サイト「第一次産業ネット」を活用した農業人材確保事業を開始した。

群馬県内のJA正組合員は、求人情報をネットを通して、全国へ直接配信することができる。農業法人の正社員募集はもちろん、農業経営者のもとでアットホームにパート・バイトとして農作業を行える内容の求人まで掲載されている。JAグループ群馬が費用を負担し、掲載数は無制限。無料から1万円程度の負担額で、面倒な手続きなく求人掲載が可能なのが魅力だ。

JAグループ全国初の取り組みで、同スキームでの導入を検討している地域も出てきているという。農業人材確保にかかる経済的・時間的コストを軽減するこの取り組みに注目していきたい。

問い合わせ

JA群馬中央会 JA群馬担い手サポートセンター
営農企画課 奈良、山田
TEL:027-220-2028
HP:第一次産業ネット


text: Manami Misumi

関連記事

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新春号、4/15(月)発行!
  5. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  6. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  7. JAとのやり取りがスムーズに! 作業効率が上がる”営農支援システム”
  8. 普段使いもOK! この春、農家が着たい「きれいめセットアップ」
  9. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.11 / ¥0
2019年4月15日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル