道工具・資材

今まで見たことないかも? 可愛いデザインの「白いトラクター」

白いトラクタ? 確かにあんまり見たことないかも……と、写真に若干の違和感を覚える方もいるだろうか。ところが、実機を前にすると、そのコンパクトなサイズに、さらに新鮮な驚きも加わるはず。

かわいいトラクタ、ありですね。
農業女子向け特別仕様「しろプチ」

これは、農水省が2013年から推進する「農業女子PJ(プロジェクト)」に参画する井関農機が、農業女子たちとともに検討を重ね、昨年秋、遂に発売となったいわば農業女子〝専用〞マシン。

カラーやサイズだけでなく、細かい部分に女性ならではの意見が反映され、「かわいくて、使いやすくて、乗りたくなる」のキャッチコピー通りの仕上がりになっている。

同社で話を伺うと、「実は、女性が扱いやすいという点は、高齢の農業者にとっても非常に有効であることに、改めて気付かされました」とのこと。かわいいネーミングに思わず表面だけをなぞらえてしまったが、農業女子プロジェクトの真価は、案外この辺りにあったりするのかもしれない。

とにかく、この〝かわいい〞トラクタが、農業女子とともに農地を耕す姿が、日本の農村風景のスタンダードになったりすると、かなり面白いのではないだろうか?

EJ_wnt20160531_sub1

疲れにくいサスペンションシートは、ハンドルやペダルに手足が届かない……なんてことがないように、前後調整機能付き。

EJ_wnt20160531_sub2

乗り降りしやすいように両手で掴めるグリップとステップも装備。

EJ_wnt20160531_sub3

給油の際にタンクを置ける、折りたたみ式の燃料給油台も。

EJ_wnt20160531_sub4

ドリンクホルダーも用意された。

 

井関農機株式会社
IR・広報室 TEL:03-5604-7709


『EARTH JOURNAL』vol.1より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新春号、4/15(月)発行!
  5. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  6. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  7. JAとのやり取りがスムーズに! 作業効率が上がる”営農支援システム”
  8. 普段使いもOK! この春、農家が着たい「きれいめセットアップ」
  9. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.11 / ¥0
2019年4月15日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル