注目キーワード

道工具・資材

グッドデザイン金賞のヤンマー製トラクター、何が凄いの?

ヤンマーのトラクター「YT3」シリーズが、2016年度グッドデザイン金賞を受賞するという快挙を遂げた! 1980年に「金賞」が設定されたグッドデザイン賞において、農業トラクターの「金賞」受賞は初めてのことである。一体、何処が評価されたのか?

農業トラクターのグッドデザイン金賞は史上初!
ヤンマー「YT3」シリーズはココが凄い!

農政の変化や先行きが不透明になったTPPの行方など、激動期を迎えている日本農業。そんななか、明るいニュースが飛び込んで来た。ヤンマーのトラクター「YT3」シリーズが、グッドデザイン金賞を受賞したのだ。そこで本稿では、「YT3」シリーズの何処が高く評価されたのか、その開発背景と製品について、詳しく紹介しよう。

ya_image2
その前に、グッドデザイン金賞の価値について説明しておきたい。2016年度の総審査件数は4,085件。そのうち1,229件が「グッドデザイン賞」を受賞したのだが、実はその中で特に優れた100件が「ベスト100」に選ばれた。この「ベスト100」に選ばれるのは大変な名誉である。そして今回ヤンマー「YT3」シリーズが受賞したのは、その「ベスト100」から、さらに厳選された逸品のみが受賞する「金賞」。金賞に選ばれたのは、同シリーズを含めて僅か19件である。同シリーズが、いかに高い評価を得たのか、ご理解いただけるだろう。

12>

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 【検証レポート】本当に石の飛散が少ないのか? 噂のバッテリー式「T字型バリカン」草刈機を体験!...
  2. 【散布レシピ公開】ドローンの自動航行で、柑橘の農薬通年散布を実現!
  3. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  6. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  7. 進化が止まらない!個性豊かな「2022年おすすめトマト品種」
  8. やり方次第で水稲農家も儲かる! 『効率化』作業機導入で被災地から儲かる農業を提案...
  9. 土壌を豊かにし、環境を再生する不耕起・草生栽培|日本での現状と、普及への道筋とは?...
  10. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正