道工具・資材

農業機械のスマート化、2017年はどうなる?

【農業機械の安全性確保の自動化レベル(概要)】

レベル1 使用者が搭乗した状態での自動化(市販済)
・使用者は農機に搭乗
・ 直進走行部分などハンドル操作の一部等を自動化
・ 自動化されていない部分の操作は、全て使用者が実施

レベル2 使用者の監視下での無人状態での自律走行(2018年に市販化予定)
・ ロボット農機は、無人で自律走行(ハンドル操作、発進・停止、作業機制御を自動化)
・ 使用者は、ロボット農機を常時監視し、危険の判断、非常時の操作を実施
・ 基本的に、居住地域から離れた農地など、第三者の侵入可能性が著しく低い環境等で使用

レベル3 無人状態での完全自律走行(研究段階)
・ ロボット農機は、無人状態で、常時全ての操作を実施
・ 基本的にロボット農機が周囲を監視して、非常時の停止操作を実施(使用者はモニター等で遠隔監視)

既にレベル1の製品は市販化されていましたが、レベル2の製品が圃場での実証実験を経て、2017年にクボタから市販(パイロット販売)される予定になっています。これは大ニュースです。使用者はロボットトラクターを常時監視しながら、無人で自律走行するロボットトラクターが作業を行ってくれる。トラクターが自動で作業する間、使用者は他の作業を実施できるわけですから、これは農家さんは助かるはずです。先陣を切ってリリースを出したのはクボタですが、もちろん他社も2018年から商品化することでしょう。

123

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. あれ、切れてない……? を防ぐために。チェンソーを使ったら必ず行うべき”目立て”のやり方
  3. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  4. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  5. 病気を防ぎ、効率的なイチゴ育苗へ! 革新的なトレイ“カタツムリポット”がスゴイ!
  6. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  7. 若者新規就農者が3年連続で2万人超 後継者不足は?
  8. 「”いのちのてざわり”を体験してほしい」音楽家・小林武史が見出した農業の可能性とは
  9. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  10. 住居と垂直型農場を一体化!? オーストリアの「ザ・ファームハウス」がすごい!
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正