注目キーワード

道工具・資材

農業機械のスマート化、2017年はどうなる?

農業の未来は明るい!
さらなるスマート化に期待

<出典:戦略的イノベーション創造プログラム>

 

2017年は、いよいよロボットトラクターの市販化前夜という段階ですが、これからはロボットトラクターを用いた更なる効率化が課題になります。具体的には、あまり一般には知られていないと思いますが、マルチロボットシステムという仕組みの具現化です。ロボットトラクターを大きくしても効率は上がらない。その代わりに、小回りの利くサイズのロボット複数台を協調させて効率良く作業させよう、という動きです。自律走行しますから、そうした協調作業が可能になるわけです。このマルチロボットシステムにはSIPで開発している受信機を用いた準天頂衛星システムが活用されます。高精度な位置情報は欠かせませんからね。

国を挙げたスマート農業への潮流は、産官学の協力によって、着実に進展しています。その成果を農家さんに実感して頂けることが、私にとっては一番のモチベーションです。これからも農家さんや自動車業界など多くの方々とコミュニケーションをとりながら、スマート農業の実現に向けて力を尽くしたいと思っています。



野口伸 氏
北海道大学教授。内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「次世代農林水産業創造技術」プログラムディレクターを務める。食料生産システムのロボット化やICTに関わる研究に取り組んでいる。


Text: Reggy Kawashima

123

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 雑草の種類を瞬時に判別! 毎日の農作業がラクになると話題のAIアプリを試してみた...
  2. #コロナに負けるな!でフードロスを支援 商品を訳あり価格で出品できる話題のECモール...
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 【出展受付中】日本全国の農業関係者が集う 「オンライン展示会」が8月よりスタート!...
  5. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  8. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  9. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  10. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.15 / ¥0
2020年4月17日発行

お詫びと訂正