注目キーワード

道工具・資材

家庭用として登場した、シンプル&簡単な水耕栽培

「農業を応援する資材メーカー」ならではの経験と発想から生まれた、シンプルな家庭用園芸水耕栽培セットが登場。

施設園芸用資材メーカー、東都興業が家庭園芸用水耕栽培セットとして展開を目指す、あらたなアイテムが「すいさい園」だ。

この「すいさい園」、電源不要で簡単に栽培できるのが特長。内部構造で水中と空気の層を作り出し、植物の育つ力を最大限に生かす仕組みをシンプルに実現する。

また、植物の生育に適した呼吸する特殊シートを採用しているため、気化熱効果により水温の上昇を抑え、根腐れを起こしにくいのも嬉しいポイント。

suisaien_01

ミニハウスの中などで使いやすい「ベンチタイプ」、日当たりの良い庭やベランダなどで使いやすい「プランタータイプ」、「プチタイプ」の3種類を用意する。

施設園芸用資材メーカーならではの技術から生まれた家庭用園芸資材として普及を図り、あらためて施設園芸資材としても販売拡大を目指す方向だ。


HP:東都興業株式会社(園芸事業部) 公式サイト


取材・文/松浦良樹

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 生産者と農業関連企業がオンラインで繋がる! 業界初となるオンライン展示会が開催中...
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  5. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  6. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  7. 無農薬・減農薬でも規模拡大! お米の高付加価値化を実現する若手農家のノウハウに迫る...
  8. 今からでも遅くない除草アイテム! 腰痛対策に抜群なカインズの草刈り鎌...
  9. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  10. 太陽光発電を活用し、天候や昼夜を問わず種まきと除草を自動化できる自走式ロボットとは?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.16 / ¥0
2020年7月30日発行

お詫びと訂正