道工具・資材

神門教授が説く現代農業の本質「日本の漆職人から学ぶべきこと」とは?

明治学院大学経済学部の神門教授によるコラム、「現代農業の本質」。今回のテーマは「漆器を使おう」。神門さんが考える、漆関連の職人から学ぶべきこととは?

木の食器に漆を塗ると長持ちするようになる。だから普段使いにいい。漆の塗りたての真新しい色つやも、使い込まれて褪せた色も、それぞれに楽しい。また、漆の塗り直しをしてさらに使うこともできる。

会津は古くから漆器の産地として有名だ。一般に伝統工芸の職人というと、気難しくて求道的なイメージを持たれがちだが、会津の漆関連の職人は、総じて、あっけらかんとしていて気持ちよい。

会津では古くから漆がよく植えられていたし、食器の材料に適した種類の木にも恵まれていた。会津の経済力が強く、職人たちを集めやすかった。会津は内陸で重量物の出荷には不利だが、食器類のような小物の漆器ならばその問題がない。

いまの会津の漆関係の職人は三代目が多い。つまり、百年近く前に創業したことになる。そのころは、第一次世界大戦を契機に重工業が勃興し、農村から都市へと、日本国内で大規模な労働移動があった。都会に住み始めた人々が、日用品として漆器を買い揃えたため、会津の漆産業が活気づいたのだ。

漆関連の職人には、材木を食器の形状に彫り込む木地師、漆を薄く層状に木の表面に塗る塗師、漆の層の上に絵を描く蒔絵師、などがある。もちろん訓練を積み、技能を習得しなくてはならないのはどの職人でも同じだ。だが、普段使いの日用品を作る場合は、宝物のような高級品に比べれば、ストレスは少ない。たまの失敗は仕方ないとして、おおらかに構えることができるからだ。

蒔絵師、塗師、木地師と、最終製品から遠くなるほど、その傾向が強い。さらに、木地師の職場は、開放的だし木からの芳香に包まれていて爽快だ。

考えてみると、「天才バカボン」のパパも植木職人だ。そういう等身大の職人が身近にいてこそ、社会の精神構造が豊かになる。

戦後、プラスティックなどの新素材に圧されて漆器が日常生活から減り、芸術品のジャンルに入れられがちになった。しかし、リーズナブルな値段で、食洗器で洗える手軽な漆器もある。漆器がもっと使われて、食卓と社会に温かみが増えてほしい。

プロフィール

神門善久さん

明治学院大学 経済学部経済学科教授

1962年島根県松江市生まれ。滋賀県立短期大学助手などを経て2006年より明治学院大学教授。著書に『日本農業への正しい絶望法』(新潮社、2012年)など。


『AGRI JOURNAL』vol.7より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  2. オリジナルの包装資材が作れる! 農家向けパッケージ制作サービス登場
  3. 履くだけで断然温かい! 冬時期の作業が捗る「防寒キルト長靴」
  4. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  6. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  7. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  8. フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.09 発行!
  9. 今こそ取得したい! 話題の「GAP」認証メリットは?
  10. 2018年度産から適用の「減反廃止」。農家への影響は?
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.09 / ¥0
2018年10月5日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル