道工具・資材

【GOOD AGRI PROJECT】モニター企画参加メンバー募集!

AGRI JOURNALでのモニター企画の参加者を募集します! STIHLのバッテリーツールを実際にご使用いただいた感想を、AGRI JOURNALと一緒にアンバサダーとして発信いただきます。皆さんの参加をお待ちしております!

GOOD AGRI PROJECT
アンバサダー企画がスタート!

現在の日本の農業の課題と向き合い、より良い農業の未来を農家の皆さんと共に創造したい。
そんな想いから始まった『GOOD AGRI PROJECT(グッドアグリプロジェクト)』による『グッドアグリアンバサダー企画』です。
社会に情報を発信したいアグリジャーナル読者の方々に、新製品やサービスを普段の農作業のなかで実際にご使用いただき、その感想をAGRI JOURNALと一緒に発信していただきます。編集部が読者様の圃場まで取材・撮影に伺いますので、自社の取り組みのPRとしてもご活用ください。

今回は、STIHL
「バッテリーツール」の
魅力をレポートしてください!

今回のモニター製品はSTIHLのバッテリーツールの「コンパクトシリーズ」。STIHL は、作業者がより効率的に働く手助けとなる新しく実用的な製品を開発している会社です。STIHL製品は160ヶ国以上の国々で販売され、販売台数世界No.1のチェンソーブランドの地位を確立しています。

コンパクトシリーズは「簡単、便利に手入れができるシリーズ」です。軽量で静か、パワフルでわずかに手を動かすだけで操作できます。

・チェーンソーなどのツールを使いたいけど、重たくて使いづらい

・そういったツールの手入れが面倒だ

などの理由によりツールから遠ざかってしまっていた方々の作業を楽にできるツールです!

モニター製品

●チェンソー「MSA120C-B」

木のちょっとした整理をのこぎりや100Vチェーンソーで電源コードを一生懸命引っ張りながら作業されていた方々、ちょっと木を伐りたいという方々は必見です。

・バッテリーを入れるだけで簡単に作業、操作ができます。

・クイックチェンテンショナーにより工具を使わなくてもチェン張りができます。

・きれいな切断面と素晴らしい切れ味で大好評の1/4Pチェーンソーを標準装備です。

●チェンソー「MSA140C-B」

ちょっとした手間のかかる作業に便利な軽量チェーンソーです。とにかく使いやすさに注力しています。

・ソフトラバー付き後ろハンドルのため、使い心地が良い。

・チェンの張調整に便利なクイックチェンテンショナー機能付き。

・困った時にすぐ止まるクイックストップスーパーチェーンブレーキ。

・簡単に燃料確認が確認できる半透明窓付きオイルタンク。

●刈払機「FSA 56」

雑草などを処理するのに、草刈カマでの手作業を重労働に感じたり、枯れるまであきらめていたりしていませんか。バッテリー入れるだけで簡単に草刈り作業が行えるのがFSA 56です。

・パワフルで静かな設計ですから、ご近所にも安心です。

・ご自身の身長にあわせたシャフトの長さ調整やループハンドルの角度調整が工具なしで行えます。

・ナイロンコードの交換も、あらかじめ巻かれているカートリッジを交換するだけで簡単に行えますし、工具を使うこともありません。

●ヘッドトリマー「HSA 56」

剪定はさみを使う作業が面倒に感じることはありませんか。もしくはそういった作業中に100Vの電源コードが煩わしいと感じることはありませんか。バッテリーを入れるだけで簡単、どこにでも持ち運べ、わずらわしさのない作業が行えるのがHSA 56です。

・45cmの長さの刈刃は装飾刈込や深い刈込も可能

・16cmまでの枝を切断可能!掴みこんだ枝を逃しません

・刈り込み作業も早く済ますことができます。

●ブロワ―「BGA 56」

驚くほどパワフルで静か、だけどストレスフリー。これがBAG 56を使用する理由です。

・軽量モーターでありながら、苦労なく落ち葉や切りくずをクリーンアップします。

・今まで集めていた落ち葉やたまった砂埃、刈り取った雑草など、もっと簡単に吹き飛ばすことことに最適です

<GOOD AGRI PROJECT> 概要

募集要項

・モニターご協力期間:2019年6月21日(金)~数か月間(ご活用いただけそうな時期をヒアリングのうえ、ご相談)
・内容:STIHL バッテリーツール(コンパクトシリーズ)を農作業および圃場まわりの整備にご活用いただき、その使用感をAGRI JOURNAL誌面/WEBサイト、およびご自身(または所属企業・団体等)のSNSにてレポートいただきます。

応募資格

① 日本国内で農業を営まれている方
② 2019年6月21日(金)~24日(月)のあいだに、『AGRI JOURNAL』誌面およびWEBサイトでの体験レポート取材にご協力いただける方 (取材日以降の製品のご使用期間は、相談のうえ決定)
③ ご自身(または所属企業・団体等)のSNSで、感想を投稿いただける方

応募締切

2019年6月11日(火) 23:59まで
※多数ご応募いただいた場合は、選考でのお声かけとさせていただきますのであらかじめご了承ください。締め切り前でも決まり次第、応募を締め切る場合がございます。
※候補者に選ばれた方にのみ、2019年6月15日(土) 18:00までに、随時アグリジャーナル編集部よりお電話(03-3403-3335)またはメールにて、ご連絡させていただきます。

【注意事項】
●応募フォーム送信後、自動で完了メールが届きます。携帯電話のメールアドレスで登録する場合、ドメイン指定などを設定している方は、お手数ですが「agri@access-i.co.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。
●ご参加される方の顔がしっかり見える写真を添付してください。アプリ等で加工したお写真はご遠慮ください。

応募フォーム

*がついている項目は必須項目です。

■お名前*

■電話番号*

■メールアドレス*

■ご住所*
郵便番号
都道府県
市区町村以降
建物名・部屋番号など

■企業名/農園名/法人名/団体名*

■ご自身または農園・運営団体のSNS*

■上記以外のSNSがあれば下記に入力ください

■圃場・農地面積*
※おおよその合計面積ならびに内訳をご記入ください。

■農作物*

■使用している(または使用したことがある)STIHL製品があればご記入ください。

■意気込みをどうぞ!(それぞれの製品をこんな時に使いたい、こんなところで感想を発信できる、周りの農家の仲間と一緒に体験したい等)*

■本人写真*
※撮影にご協力いただける方のお写真、1MBまで

■アグリジャーナルのプライバシーポリシーに同意しますか? *
同意する


候補者に選ばれた方にのみ、2019年6月15日(土) 18:00までに、随時アグリジャーナル編集部よりお電話(03-3403-3335)またはメールにて、ご連絡させていただきます。

モニター企画についての問い合わせ

アグリジャーナル編集部

(株式会社アクセスインターナショナル)
TEL:03-3403-3335
» お問い合わせフォーム

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  5. “循環型社会”を体現した体験型施設「KURKKU FIELDS」が今秋オープン!
  6. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  7. あのパタゴニアがワークウェアを日本展開! 高機能だけでなく未来を見据えた取り組みとは
  8. アイテムを駆使する時代に。いま注目の農業・畜産の最先端技術5選!
  9. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  10. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  AG/SUM

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル