道工具・資材

植物の免疫力と鉄吸収力を高める! “ビール酵母”がベースのバイオスティミュラントの実力とは

多くの皆さんが大好きに違いないアサヒビール。その製造工程で生じるビール酵母をベースにしたバイオスティミュラント製品が今、にわかに注目を集めている。ゼロから学ぶバイオスティミュラント基礎講座『セルエナジー』編。

植物の免疫力と
鉄吸収力を高める!

アサヒビールのビール酵母が、整腸薬の『エビオス錠』に形を変えて利用されているのはご存知の通りだ。だが、そのアサヒのビール酵母をベースにしたバイオスティミュラント製品をご存知だろうか。それがここでご紹介する、清和肥料工業が発売する『セルエナジー』だ。


セルエナジー
ビール酵母細胞壁成分を活用した革新的な液肥。
[含有成分]窒素全量:1%、水溶性リン酸:5%、水溶性カリ:5%
農水省登録 生第101445号

ビール酵母が持つ力を活かしたいアサヒグループと、肥料メーカーの清和肥料工業がタッグを組んで開発した商品である。『セルエナジー』の主成分はビール酵母。詳しく言えば、ビール酵母の細胞壁を高温高圧下で分解したものだ。これを与えることで、植物本来の免疫力を高めて成長を促進することができる。

独特なのはそのメカニズムだ。ビール酵母細胞壁の成分が植物病原菌の成分と似ていることから、植物は病気に感染したと勘違いしてしまう。対抗しようと、植物の生理が活性化されるというわけだ。その結果、発根が促され、吸肥力が向上して、光合成が促進される。

また『セルエナジー』は、製造工程で還元力を与えられている。土壌と反応し、土壌の電位を+200mV前後に下げる。すると土壌中に存在している三価鉄が、より植物に吸収されやすい二価鉄に変化する。これら2つの効果により『セルエナジー』は光合成を活発にして、収量増を実現するのだ。

開発元のアサヒバイオサイクルでは、長年ビール酵母を農業に活かす研究を続けており、その効果は同社のみならず、大学・研究機関等で確認している。施設園芸はもちろん、葉物や果樹、水稲にも効果があり、実験結果によると30%程度の増収効果が見込める事例があった。収量増だけでなく、それだけの効率化を実現できると表現しても良いだろう。

光合成が活発になり植物が元気になることで、品質の向上や農薬削減にも寄与する。注目を集め始めたバイオスティミュラント製品『セルエナジー』は、人間の弱った胃腸の働きを整える『エビオス錠』のように、植物の状態を整える定番商品となる可能性を秘めている。
 

効果の仕組み


ビール酵母細胞壁の成分であるβグルカンは植物病原菌の成分と似ているため、それを与えると病気になったと勘違いし、様々な生理を活性化。植物ホルモン誘導、葉緑素合成などにつながり、発根促進・根活性向上・光合成の促進などにつながっていく。

 

ビール酵母で生育向上につなげる

ビール酵母による発根促進効果

赤枠が『セルエナジー』を使用している。水稲で行った実験の効果はご覧の通り! 根の張り具合が全く違うことが分かる。日照不足などの悪環境下でも安定した生産が期待できる。

品種:きぬむすめ(島根)、移植:5月28日、処理:6月3日流し込み処理(200ml/10a)、
撮影:7月8日

 

免疫力アップで品質の向上にも寄与

生育が良くなるから病気が減り、品質向上も見込める。写真はミカン(中晩柑品種)の例。赤枠が『セルエナジー』を使用している。『セルエナジー』を与えることで浮皮を軽減する。

品種:南柑20号、試験地:愛媛県、処理:10月~11月、3回葉面散布処理

 

 

問い合わせ

清和肥料工業株式会社 海外事業本部
大阪本社 TEL:06-6203-6811
東京支部 TEL:03-5835-1182
担当/大野

問い合わせの際は、「アグリジャーナルを見た」とお伝え下さい。


Text » Reggy Kawashima

AGRI JOURNAL vol.13より転載

Sponsored by 清和肥料工業株式会社

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. 除草剤の散布量を9割削減、作業コストを3割軽減!? 自律走行型除草ロボットがスゴい
  6. 食品事故のリスクを下げる! 農家が知っておくべき「一般衛生管理」と「HACCP」とは?
  7. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  8. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  9. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  10. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正