注目キーワード

道工具・資材

あれ、切れてない……? を防ぐために。チェンソーを使ったら必ず行うべき”目立て”のやり方

農家なら使う場面が何かとあるチェンソー。今回はそのメンテナンスの方法と、必ずやってほしい"目立て"について詳しく紹介しよう。

チェンソーは
使ったらメンテナンスしよう!

チェンソーは当然のことながら機械の一種であるため、使用後は必ずメンテナンスが必要だ。

どんなに高性能なチェンソーであっても、メンテナンスを適切に行わなければ、性能を発揮できなくなり、故障しやすくなったり、製品寿命が短くなることも。安全性が損なわれることも問題だ。

メンテナンスのなかでも、チェンソーの切れ味を左右する重要な作業が「目立て」だ。

そもそも”目立て”とは?

今更ながらだが、チェンソーとは、チェーン状の刃物(ソーチェン)をエンジンの力で回転させて木を切断する道具のこと。ソーチェンは刃物であるため、使用すれば切れ味が下がる。そこで、元の切れ味を取り戻すために行うのが”目立て”だ。

使用後に目立てを行わないと、切断の効率が悪くなったり、切り口が美しくなくなるといった不具合が生じる。パワーで無理やり切ることができても、燃料を多く使うことになったり、ガイドバーの摩耗を早めてしまうなど、チェンソーの寿命にも影響してくるのだ。

こうした不具合が起きないようにするためにも、チェンソーの使用後には目立てを行う必要がある。

目立てに必要な道具は?

●STIHL シャープニングキット
希望小売価格¥3,000(税別)

目立てに必要な道具一式がセットになった『シャープニングキット』。やすりホルダー、丸やすり、平やすり、ファイルゲージ入り。収納と持ち運びに便利なポーチがセットに含まれる。チェンサイズに応じてラインナップされているから、自身が所有するチェンソーでチェンサイズを確認して入手してほしい。

●STIHL 2-in-1 やすりホルダー
希望小売価格¥5,800(税別)

1回の作業でチェン刃とデプスゲージを同時に研げる実用的なツールが『2 in 1 やすりホルダー』だ。時々しか使用しない農業生産者には最適なツールと言える。こちらもチェンサイズに応じてラインナップされているから、自身が所有するチェンソーでチェンサイズを確認して入手してほしい。

●STIHL バークランプ S 260
希望小売価格¥2,900(税別)

目立てを行う際に、あるととても便利な道具が、このバークランプ。木に打ち込んで固定し、チェンソーのガイドバーを挟んで作業する。手で支えるよりも無駄な力を必要とせず、しっかり安定するので、目立ての正確性がアップする。大きいサイズのL 700(希望小売価格¥4,100(税別))もある。

目立てのやり方は?

①一番小さな刃から研ぎ始める
まず最初にすべきことは、一番小さい刃(カッター)を探すこと。ソーチェーンの刃の大きさを揃えるため、一番小さな刃から研ぎ始めるのだ。刃の大きさにバラつきがあると、スムーズに伐ることができなくなる。

一番小さな刃を見つけたら、マジックなどで印をつける。続いて、作業するソーチェーンのピッチに合ったサイズの丸ヤスリとファイルホルダーを用意。ハンドガードは倒した状態にしてチェンブレーキを効かておこう。そしてガイドバーをクランプなどで固定する。倉庫に万力などがあれば、そこにセットするとやりやすいだろう。


 
②角度は30度を維持したままに!
早速研ぐ作業に入る。丸ヤスリをファイルホルダーとセットで使用して、必ず刃の角度である30度を維持したまま、ゆっくりと手前から奥に向かって一方通行で押し出すように研ぐ。押し出したら絶対に引き戻さず、目立て作業は一方通行。これが鉄則だ。

『2 in 1 やすりホルダー』を使用した場合は、刃とデプスゲージを同時に研ぐことができるので、後に紹介するデプスゲージを削る作業を省略できる。ぜひ、使ってその利便性を体感してほしい。


 
③この作業を繰り返す
一番小さな刃を研いだら、同じように全ての刃を研いで行く。なお、はじめに記載した通り、切れ味を保つにはソーチェーンの刃の大きさを揃えることが重要だ。

一番小さい刃は整える程度に、大きな刃は多めに研ぎ、一番小さい刃の大きさに揃えるようにする。『2 in 1 やすりホルダー』を使用していれば、これで目立て作業は終了だ。

一般的な丸ヤスリ+ファイルホルダーを使用して作業した場合は、目立てが終わったら、ファイリングゲージを用いてデプスゲージの飛び出し量を測定する。デプスの飛び出しが多い場合は平やすりで削ろう。デプスゲージは削り過ぎてしまうと、キックバックしやすくなるので注意が必要だ。

▼詳しいやり方は動画でチェック!
①STIHL シャープニングキットを使用した場合

 
②STIHL 2-in-1 やすりホルダーを使用した場合

 

期間限定で、
スペアループチェンがついてくる!

期間中にSTIHLの対象機種を購入すると、スペアループチェンがついてくるお得なキャンペーンを実施中! チェンソー購入を考えているなら、今がチャンスだ。

●期間:~2020年3/31(火)まで
●対象機種:
MS 170/MS 170 C-E/MS 180/MS 180 C-BE/MS 194 C-E/MS 194 TC-E/
MS 210/MS 211 C-BE/MS 230/MS 230 C-BE/MS 231 C-BE/MS 250/MS 250 C-BE/
MS 251C-BE

 

問い合わせ

株式会社スチール
TEL:0285-51-1411 FAX:0285-51-1419

問い合わせの際は、「アグリジャーナルを見た」とお伝え下さい。


Photo >> Natsuki Matsuo(Ohkawa Naoto Photography.inc)
Text >> REGGY KAWASHIMA

Sponsored by 株式会社スチール

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 【農家にオススメの副収入】ソーラーシェアリングが学べるセミナー開催
  3. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  4. 人気沸騰間違いなしの新製品が続々! 日本上陸を果たしたスマート農機に注目...
  5. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  6. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  7. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  8. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  9. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  10. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17 / ¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正