注目キーワード

道工具・資材

専門家に聞いた! シーン別「チェンソー選び」バッテリー式編

近隣住民に迷惑をかけない静かさや、エンジン式に比べて手入れが簡単な気軽さが人気のバッテリーチェンソー。最近ではエンジン式に負けないパワフルなモデルも登場している。今回は、使用シーンに合わせたバッテリー式チェンソーを選ぶコツとおすすめ製品を伺った。

チェンソー選びの基本を知ろう!


チェンソーを選ぶ際は、まず自分の使用シーン(使用場所や頻度、どのような太さの木を切ることが多いか)を想定する。そのシーンが想定できると、おのずと「エンジン式」と「バッテリー式」のどちらが良いか、どの程度のパワーやガイドバー(ソーチェンを装着する板)の長さが必要かが決まっていく。

なお、切ることができる木の直径の目安は、ガイドバーの2倍弱である。そのためガイドバー長30 cm程度の軽量コンパクトなモデルであっても、一般的な農業生産者が切る木には充分に対応できる。

詳しいポイントは、エンジン式の記事で紹介しているので、初めての方はそちらを参照してほしい。

 

バッテリーチェンソーの特徴

今回は、「住宅地が近く、使用時の騒音が気になる」「燃料の準備やメンテナンスは面倒」というような方々に向けて、バッテリー式のチェンソーを見ていこう。

バッテリー式の特徴は、手軽であること。燃料の準備やエンジン始動が必要なく、メンテナンスも簡単。また、騒音が小さく、排出ガスが発生しないことも特徴だ。

チェンソーメーカーは国内外に多数あるが、農業生産者の多様なニーズに応える豊富なチェンソーのラインナップを誇るのが、ドイツ発のブランドSTIHLである。エンジンチェンソーの世界シェアNo.1のブランドとしての技術力を活かし、バッテリーチェンソーでも高性能かつ高品質なチェンソーを展開している。

STIHLのバッテリーチェンソーは、バッテリーやソーチェンまで自社設計・自社生産。例えば、シリーズごとに専用のバッテリーを採用。バッテリー切れ直前まで最大の出力を維持できるのが特徴だ。
 

12>

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  3. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  4. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  5. 「ローカル5G×スマートグラス×AR」で行う遠隔地からの農業支援は現実になるか?...
  6. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  7. この20年で農業は”こう”変わった。農業経営がしやすい時代はやってきたのか?...
  8. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  9. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  10. 進化が止まらない!個性豊かな「2022年おすすめトマト品種」

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正