注目キーワード

道工具・資材

農家に寄り添うオンラインショップ『プラスワイズ』をチェックせよ!

農業用品のネット販売時代を担うプラスワイズ。多品種・手厚いサービスを武器に、“金物の町”燕三条から発信を続ける農業資材のオンラインショップだ。全国の農家が注目するべき5つのポイントに迫った。

農家に寄り添う
オンラインショップ

プラスワイズが農業資材の仕入れ業を営む舞台は、日本一の米どころ・新潟県。稲作が盛んな地で、過去3代に渡りメーカー数百社や地元農家と連携してきた名高い歴史を持つ。

事業の新たな起点は、これら“燕三条の地の利”を活かした取引をインターネットで全国に広めたことにある。同社の強みは、数十年かけて築いた仕入れシステムと高い物流機能。地場産業と一体になることでスムーズな業務が可能となり、個別の顧客対応から海外事業まで幅広く展開できるようになった。消費者側は圧倒的な販売事例と多様なニーズのもと、手厚いサポートを受けられるのが利点だ。

プラスワイズは今後さらに世界のユーザーと連携を深め、自社製品の開発や販売に取り組む姿勢を固めている。同社が得意とする水稲用品をはじめ、豊富な資材をより農家目線で提供していくことに余念がない。「農業資材のEC販売ならプラスワイズ」と評判高いサービスの利便性をぜひ体感してみてほしい。

プラスワイズを選ぶべき
5つのポイント

①充実のお問い合わせサービスで課題解決
メール・電話・FAX・各種SNSで、農業の専門家が問い合わせに応じてくれる。長年の実績と豊富な知識をもって、個々のニーズや課題を汲み取ってくれるから頼もしい。

②農業情報や人気トピックがチェックできる
ユーザーから注目されているのが、HPやSNS、メルマガで発信されている農業情報だ。製品の使い方や季節ごとのコンテンツも紹介。資材店ならではのお役立ち情報をキャッチしてほしい。

③他を圧倒する10万点超えの商品数!
10万点を超える、圧倒的な掲載商品件数も見どころだ。米どころ新潟ならではの水稲・育苗用品や生産資材をはじめ、害虫対策用品、農作業着、アイデア商品など、カテゴリーが潤沢。

④お得なクーポンやイベントを多数展開
無料会員に登録すれば、限定クーポンやセール・イベントなどの各種特典を受けることができる。シーズンごとにクーポンがもらえるイベントを開催中!

⑤直販サイトだからこその最安価格!
直販ならではの現金値引きとポイント付与で、さらにお買い得になる。ユーザー登録者限定での割引のほかに、早期注文・大量注文時のお客様還元など、親しみやすい距離感も魅力。

今、イチオシの商品はコレ!

●水番スマートタイプ(水田用給排水口)/サンポリ

土壌への埋め込みも可能な水田用給排水口。少しの畦の切り欠きで取り付け可能。水量調節板が2重構造になっており、調整もカンタンで、給水・排水がスムーズに! 
¥2,323(税込)


●乗用溝切り機のるたんネオ NL-1 MS-JS/大竹製作所 

圃場内での抜群の操作性や、まっすぐに深い溝を切ることができる安定性で作業効率が格段にアップ。溝切効果で、理想的な穂づくりを目指すことができる。
¥162,757(税込)


●育苗ローラー IR-W1250/啓文社

病気が発生しやすい過保護育苗を防ぐための育苗ローラー。苗を転圧して強くする。柄は5段階まで角度調整でき、育苗箱の縦4枚、横2枚に対応可能だ。
¥35,640(税込)

問い合わせ

株式会社プラスワイズ 
〒955-0002 新潟県三条市柳川新田997
TEL:0256-39-0084
メール:info@nakagawa-syouten.co.jp


文:桝温子

AGRI JOURNAL vol.19(2021年春号)より転載

Sponsored by 株式会社プラスワイズ

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  5. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  6. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  7. 草を粉砕して、微生物が心地良い土づくり! “BLOF理論”で安心・安全な野菜を...
  8. 【受付終了】海藻・多糖類型からつくられるバイオスティミュラントってなんだ?...
  9. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  10. 遺伝子を改変してより優れた作物を! ゲノム編集は農業界の革命児となるか...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.20|¥0
2021/7/14発行

お詫びと訂正