注目キーワード

道工具・資材

持ちやすい! 撒きやすい! グッドデザイン賞も受賞した除草剤

雑草対策に人気の液剤タイプの除草剤。大容量でコスパが良いのは人気の理由の1つだが、その一方で手首に負荷がかかるのが課題だった。その課題を軽減した、カインズのアイテムを紹介。

根こそぎ退治したいなら、
撒くしかない

人気アイテムである液剤タイプの除草剤。課題は、4Lと大容量化された重さで、手首に負荷がかかってしまう持ち手の形状だった。そこで容器の持ち手をダブルグリップ形状へ変更。注ぎ口とグリップが一直線になるよう設計することで散布中の手首への負担を軽減、力の弱い年配者や女性でも扱いやすい仕様で、撒きやすい除草剤がこちらだ。2021年グッドデザイン賞受賞。

●根まで枯らし、スギナにも効く
●樹木類の下で使える
●数日から2週間で枯れ始める
●土の中で分解



PRODUCT

そのまま使える除草剤

[成分]
グリホサートイソプロピルアミン塩:1.0%/界面活性剤等:99.0%/水
4L:1,080円(税込)
2.5L:880円(税込)


問い合わせ

株式会社カインズ
TEL:0495-25-1000
本社所在地:埼玉県本庄市
オンラインショップでも買える! カインズネットショップはこちら ▶ HP


AGRI JOURNAL vol.22(2022年冬号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. サカタのタネの”推し品種”の野菜は?3年ぶりにリアル開催した商談会をレポート...
  3. 「環境に優しい」と「儲かる」は両立できる? 農業AIブレーン『e-kakashi』に迫る...
  4. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  5. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  6. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  7. 【農業weekレポート】自動走行車から環境に配慮した資材まで、最新の農業製品が続々登場!...
  8. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  9. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  10. 「ローカル5G×スマートグラス×AR」で行う遠隔地からの農業支援は現実になるか?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正