注目キーワード

道工具・資材

ハウスや畜舎、倉庫へのネズミの侵入を防ぐ! 農業現場でのオススメの忌避剤の選び方は?

厄介なネズミによる農作物への被害を食い止めるため、まずはハウス内に侵入させない為の防止策が重要となる。ビニールハウスや畜舎などでも利用できる、天然成分で作られた忌避剤を紹介しよう。

根本的なネズミ対策として
侵入を防ぐことが重要

食害による収量減だけでなく、収穫物に接触することで病害や寄生虫の媒介などの問題を引き起こすことのあるネズミ。農林水産省によると、ネズミによる農作物の全国の被害量は令和3年度で約300トンにも上る。加えて、畜舎での飼料の損失や、壁や電気配線等をかじったりなどの経済的被害も各地で問題となっている。

被害を抑えるための対策としては、ネズミの発生や侵入を防止する「環境的防除」と、発生してしまったネズミを駆除するために殺鼠剤などを使う「化学的防除」や罠を使って捕まえる「物理的防除」が挙げられる。なかでも重要となるのが前者の環境的防除で、日常的に実施することで継続的な効果を得ることができる。

環境的防除とは、たとえば「整理整頓を心がける」「収穫物の残渣は放置しない」「ネズミが侵入できないように、壊れた部分があれば修理をする」といった方法を指す。こうした取り組みに加えてネズミを寄せ付けない環境づくりに役立つのが、ネズミにとって不快な刺激臭のする設置型の忌避剤だ。

check! 忌避剤の種類

●スプレータイプ
ネズミやその通り道に液剤を直接噴霧して使用する。速効性がある一方、持続時間が短い。発生したネズミを追い払う場合に適している。

●くん煙タイプ
煙が隅々まで広がり、狭い隙間などに隠れているネズミを追い払う。農作物がある場所、ペットや家畜のいる場所では使用できない。

●設置タイプ
ネズミが通りそうな場所に置いて使用する。効果が長期間続くため、日常的にネズミの発生を防ぐことができる。

また、施設園芸のハウスや畜舎、加工場、農作物を保管する倉庫などで使用する場合は、忌避剤に配合されている成分を必ず確認し、作物や家畜に影響を与えない製品を選ぶようにしよう

ハウスや畜舎でも使える
天然成分100%の忌避剤

置き型の忌避剤のなかでも、農業現場で活躍する商品が、株式会社エイベックの置き型ネズミ忌避剤「ラット24PACK(パック)」。ネズミの侵入口に置くだけで、設置から最大2ヶ月間効果が持続する。

ラット24PACKは、ネズミが苦手とする植物由来の天然成分100%(パインオイル、ハッカオイル、ニームオイル)で構成されるため、ハウスや畜舎はもちろん、食品を扱う加工場などでも活躍する。花粉交配用のクロマルハナバチやセイヨウミツバチを使用している圃場でも、問題なく設置可能だ。
ラット24PACKの大きな特徴は長持ちすること。通常の置き型の忌避剤はゲル化していて、7~10日間ぐらいで有効成分が蒸散してしまう。一方で、ラット24PACKは特殊な二重構造パックで、毎日安定した揮発量を実現することによって長持ちする仕組みになっている。また、玄米倉庫や精米所などに設置する場合に、お米への匂いの移り香が心配になるところだが、通常使用(地面への設置)においてはお米への匂い移りが報告された例はないので、安心して使用できる。

 

使い方カンタン! 3ステップ

step 1
液剤が入った袋を強く握りつぶす

液剤が入った内袋の上部に空気をためて握りつぶすと、内袋が破袋して中の液体が外袋に流れ出す。

step 2
専用箱に袋を入れる

箱とスリーブに分かれており、スリーブを動かすことによって、匂いを調整できる。

step 3
ネズミの侵入口に設置

ビニールハウスや倉庫の出入り口など、ネズミが侵入しやすい場所に設置するだけ。液剤がなくなったら交換のタイミングで、持続期間は最大2ヶ月間。空の容器はそのままゴミ箱に捨てられる。

天然成分100%かつ、カンタンに設置できるのが魅力の「ラット24PACK」。ネズミ対策にお困りの方は、一度その効果を確かめてみてほしい。

DATA

ラット24PACK

内容量:60ml
成分:ハッカオイル、ニームオイル、パインオイル
対象ネズミ:クマネズミ、ドブネズミ、ハツカネズミなど
希望小売価格:2,750円(税込)

 

問い合わせ

株式会社エイベック
TEL: 03-6416-3734


Sponsored by 株式会社エイベック

関連記事

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 腰痛持ちの果樹農家さんに朗報! ゴーカートみたいな“乗用草刈機”
  2. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  3. 毎日着るものだから、こだわりたい! 働く現場を彩る作業着4選
  4. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  5. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  6. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  7. ホームセンター各社に聞いた、2024年注目の農業資材[コメリ・カインズ・農家の店しんしん・山新]...
  8. 収量が上がる果樹栽培法『ドリップファーティゲーション』に注目!
  9. 凍霜被害は低コスト・高効率に対策できる! 防霜バイオスティミュラント資材に迫る...
  10. この20年で農業は”こう”変わった。農業経営がしやすい時代はやってきたのか?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.30|¥0
2024/01/19発行

お詫びと訂正