生産者の取組み

農家の声から生まれたワークウェア、クラウドファンディングを開始!

福島県の農家と岡山県のデニム職人が手を組んで、「畑に立つ人のワークウェア」の商品化に向けたクラウドファンディングがスタートした。すでに目標金額の40%が集まっており、大きな注目を浴びている。

福島の農家と
岡山のデニム職人が手を組んだ!

福島の農家と岡山初の国産デニムブランド「EVERY DENIM」は農家とファンが一緒に着られるというコンセプトの元、ワークウェアの共同開発に取り組んだ。作業着を通じて農業が身近に感じられ、カッコいいと思う人が増えることが目標だという。



福島の農家は”日本一熱い”!?


“日本一熱い農家が集まる”とも言われている福島県。毎日自然と向き合いながら愛情を込めて農業に励む彼らは、デニムのワークウェアを通して「農業=カッコいい」というイメージの普及を目指している。

農家の声を元に開発


開発にあたっては、農家の生の声を反映し、「動きやすさ・収納の便利さ・繰り返しの使いやすさ」を重視。できあがったワークウェアには、しっかりとその要素が落とし込まれている。

ストレッチ加工により、しゃがむ・脚を伸ばすといった動きはラクラク。また、普段使っているハサミケースを取り出しやすい位置につけられるループと、工具ベルトを装着できるベルトループが付いている。洗濯しても翌日すぐに使える乾きやすい素材もポイントだ。まさに、農家が毎日着たいワークウェアといえるだろう。

クラウドファンディングは
開始後すぐに大反響!

現在、商品化に向けてクラウドファンディングサイト「Makuake」にて支援募集中だ。機能性だけでなく、カッコよさが盛り込まれたこのワークウェアは、早くも反響を集めている。

支援募集期間は、残り1ヶ月と少し。ワークウェアを通して「カッコいい農業を実現したい」「日々の仕事を楽しみたい」また、「頑張っている農家を応援したい」という方は、ぜひこのプロジェクトをチェック&支援して欲しい。

DATA

「畑に立つ人のワークウェア」クラウドファンディングページ

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  4. 新規就農支援事業の増額に意味はあるのか? 日本農業の本当の弱点とは
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  7. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  8. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  9. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  10. アイメック農法で高糖度トマトの生産ができる!? 農業女子のミニトマトが売れる理由
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正