注目キーワード

生産者の取組み

若者の農業離れに警鐘! “都市に暮らす人々と農業をつなぐ場”が鍵になる

農業の課題を解決し、発展させていくためには、農業の関係人口を増やしていく必要がある。そうした中、人々と農業をつなぐ拠点が新たに誕生した。

オーレックが福岡市内に開設する
「人と農がつながる場」とは?

農林水産省による「平成30年新規就農者調査」では、49歳以下の若手新規就農者数が5年ぶりに2万人を割り込んだと報告された。若者の農業離れが進む日本の農業において、農業のイメージを高め、都市に暮らす人々と農業の関係を繋ぎ直す必要性が生じている。

そのような背景のなかで誕生するのが、株式会社オーレックによるブランド発信拠点「OREC green lab 福岡」だ。

オーレックといえば、自走式草刈機の国内シェアNO1を誇り、国内外からも高い評価を受ける乗用草刈機シリーズなど、発想力と技術力で、農業の現場を支える機械メーカー。

一方で緑豊かな社会の実現に向け、地域の人々とのコミュニケーションの場となることを目指した拠点「OREC green lab(オーレックグリーンラボ)」を全国に展開してきた。今回オープンする「OREC green lab 福岡」は初の都市部での拠点として、「人と農の架け橋になること」を主な目的に、農・食に関するヒト・モノ・コトとの出会いの場を創造・提供していく。

福岡の中心地・天神から徒歩約10分という抜群のロケーションに合わせてデザインされた施設において、注目すべきは、道行くすべての人が気軽に立ち寄れるように、カフェスペースが設置される点。こだわりの素材を使ったオリジナルドリンクが提供され、2階のライブラリースペースでは、食や農・ものづくりに関する書籍が楽しめる。

3階では、農や食にまつわるイベントやセミナーの開催を企画しているそうだ。また、同3階はスタートアップの発表の場等としての貸し出しも構想しているという。 こうした、農に興味を持つ人を増やす活動が、農業の明るい未来につながることを大いに期待したい。

OREC green lab

OREC green lab 福岡

2019年10月31日オープン。
住所: 福岡県福岡市中央区赤坂1丁目13-1
アクセス:福岡空港から地下鉄で13分。
地下鉄赤坂駅1番出口横。
 

OREC green lab 長野

周りの農村風景と溶け込む優れたデザインが話題に。「第30回長野市景観賞」「2017年度グ
ッドデザイン賞」等を受賞。
 

OREC green lab 弘前

「グリーンラボ長野」のコンセプトを踏襲し、自然の暖かみを感じられるデザインに。近隣の農家の勉強会の場としても活用。
 

 

水田除草機 WEED MAN(ウィードマン


オーレックのものづくりは、農作業の効率化・省力化をもたらしている。

なかでも話題を呼んだのが、2018年、機械工業デザイン賞にて審査委員会特別賞を受賞した水田除草機「WEED MAN」だ。条間を除草する除草刃ローターと、株間の雑草をからめ取る回転式レーキによって、従来では難しかった株間の除草を実現。稲を傷めず効率的に除草できる。
 

 

問い合わせ

株式会社オーレック
TEL:0943-32-5002

問い合わせの際は、「アグリジャーナルを見た」とお伝え下さい。 
 


AGRI JOURNAL vol.13(2019年秋号)より転載

Sponsored by 株式会社オーレック

 

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. 「環境に優しい」と「儲かる」は両立できる? 農業AIブレーン『e-kakashi』に迫る...
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  5. 【農業weekレポート】自動走行車から環境に配慮した資材まで、最新の農業製品が続々登場!...
  6. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  7. サカタのタネの”推し品種”の野菜は?3年ぶりにリアル開催した商談会をレポート...
  8. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  9. この20年で農業は”こう”変わった。農業経営がしやすい時代はやってきたのか?...
  10. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正