注目キーワード

政策・マーケット

労働力不足をスキマ時間で解決! 需要高まるマッチングサービスが山梨県の農繁期を支援

お仕事紹介プラットフォーム「シェアフル」では、スキマ時間に農作業に関わりたい個人と、労働力を求める農家のマッチングサービスを開始。農作業の経験が無い人々が、農作業に関わる機会を創出することにより、農業人材不足問題の解決を目指している。

需要の高まるマッチングサービス
農家の労働力確保に貢献

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、多くの業種が休業要請を受ける一方、小売店は生活者のライフラインとしての営業を続けている。小売店で販売される食料品などは変わらず必要とされている中、農作物を提供する農家では、労働力を確保するための「マッチングサービス」の需要が高まっている
 
そんな中、1日単位のお仕事紹介プラットフォーム「シェアフル」を扱うシェアフル株式会社は、山梨県に本社を置く農家の生産・流通・販売を支援する株式会社FARMERS AGENCYとタッグを組み、4月30日より山梨県内で繁忙期の労働力不足に困る農家と山梨県内のユーザーのマッチングサービスを開始した。
 
農作業の中でも、特に繁忙期の労働力不足に着目し、繁忙期の労働力不足に陥る山梨県内の農家と、同じく山梨県内のユーザーをマッチングしてくれるサービスだ。「シェアフル」の「短期間・短時間での仕事紹介」という特徴を生かし、農家が本当に必要な時に労働力を確保できる仕組みとなる。



農業に携わる人を増やしたい
人材不足解消へ

シェアフルは、「スキマ時間を価値に変える」を掲げ、短期間・短時間の仕事に特化した、柔軟な働き方を望む個人と、必要な時に必要な分だけ人材を活用したい企業をつなぐオンデマンドマッチングプラットフォーム。これまでオフィスワーク、接客・販売職、軽作業、運送業職等あらゆる職種を通して様々な業界を支援してきたが、今回、農業分野へサービスを広げた。
 
また、これまで農作業に携わってこなかった人々が、本サービスにより自分の空き時間を活用し、農作業に関わる機会を創出することで、山梨県の農業人材不足問題の解決も目指している。
 
現状、新規での農業従事者を確保することについては難易度が高いようだ。農林水産省の調査では、2023年までに41歳以下の就農者を40万人にするという目標を立てて施策を実行しているが、2013年時点で31万1000人だったものが2017年時点で32万6000人と、4.8%の微増にとどまっている。
 
今回のようなマッチングサービスをきっかけに、農業事業着手のハードルを下げて、農業に携わる人口の創出に繋げられるかもしれない。

※総務省「農業労働力の確保に関する行政評価・監視 -新規就農の促進対策を中心として- 結果報告書」(2019年3月発表)

 

DATA

シェアフル株式会社
株式会社FARMERS AGENCY


文:竹中唯

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. #コロナに負けるな!でフードロスを支援 商品を訳あり価格で出品できる話題のECモール...
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  5. 雑草の種類を瞬時に判別! 毎日の農作業がラクになると話題のAIアプリを試してみた...
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  7. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  8. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  9. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  10. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.15 / ¥0
2020年4月17日発行

お詫びと訂正